まずはランキングをご覧ください



FXで勝つための方法はいくつかあります。

まず1番基本的な方法は「儲かる売買方法を身につける」ことです。

FXはカンや偶然で勝てるほど簡単な物ではありません。

「FXで損をした」と言う人のほとんどがカンや自己流の投資法で
ギャンブルした結果なのです。

逆に言えばしっかりとした戦略さえあれば勝てるのがFXです。

次の動画を見てください。




動画の彼の場合はネット株で儲けていますが、もちろんFXでも可能です。

というより、FXのほうが株よりも稼げる可能性は高いです。

株は全面的に急落するような相場ではいくら天才でも稼ぐことは難しいですが、
FXならショートすれば初心者でも簡単に稼げます。

しかし何も勉強せずにFX投資をするのは、それは投資ではなくただの「ギャンブル」です。

あなたがFXで「自分の資産を増やすのが目的」ではなく「スリルを楽しみたい」だけなら
何も勉強せずにFX取引をすればよいでしょう。


しかし、
「老後のためにお金を増やしたい」
「いつ仕事がなくなってもいいようにFXで副収入を得たい」

そう思っているなら少なからず「勉強」が必要です。


厳しいことを言いますがFXは素人が遊びで勝てるほど簡単なものではありません

FXで勝ちたいならしっかりとした投資スキルをつける必要があります。

しかし逆に言えばしっかりとした投資スキルさえあれば、子供でも勝てるのがFXです。



それではどのような方法でFXを学べばよいのでしょうか?

私がオススメするのは無料オンライン動画セミナー
です。

上がると思って買ったら下がり
下がると思って売ったら、上がり始める

どうして私の時だけこんな事になるのか・・・

あなたが、もし一度でもそう思った事があるなら
オンライン動画セミナーは、あなたにとって
投資の見方が大きく変わるほどの衝撃があるでしょう。


どうすれば、あがって行く相場に乗る事が出来るのか?

どうすれば、下がって行く前に売り逃げる事が出来るのか?



そして、どうして相場は動いて行くのか

その答えがこの無料セミナーにあります。




・投資に興味があるが、リスクが怖い
・なぜか何時も自分の予想と逆に相場が動いてしまう
・相場の見方を詳しく知りたい
・テクニカル投資術を極めたい
と思うなら
是非ご覧ください。

無料オンライン動画セミナー


無料オンライン動画セミナーではテクニカルな内容を教えてくれますが、
それだけでは不十分という人もいると思います。

投資にはテクニックも大事ですがメンタルも大事です。

例えば一流のテクニックを持ったプロゴルファーがいたとします。
しかし彼が精神面で弱い人間だとどうでしょうか?

ここで優勝が決まるような大事なパット。
いくら技術があっても精神面が弱い人はそんな大事なパットを外してしまいます。

無料CD『投資で失敗しない7つの法則』では投資で失敗しないためのノウハウが記されています。

なぜ世の中には儲かっている人もいるのに自分だけが損してしまうのか?

もしそう思ったことが一度でもあれば是非無料CDを請求してみてください。

無料CD『投資で失敗しない7つの法則』






更にFXをもっと勉強したい人はFXトレード演習帳がおすすめです。

これも無料でFXの勉強ができますので是非登録してみてください。

FXトレード演習帳




いくつか教材を紹介しましたので本気で儲けたい人は
必ず見てください。

ちなみに私がFXを始めた数年前は
こんな教材がかなり高かったんですよ。

数万円もするのはざらでした。

それが今では無料で勉強できるなんて
良い時代になったものです。

そんな恵まれた時代なのですが・・・

「でも、勉強するのって面倒くさいんだよなぁ・・・」

もしあなたがそう思うのであれが、一つだけ方法があります。

FXの自動取引ソフトという便利な物が最近では発売されています。

これは本当に楽ちんです。

最初にソフトの設定をすれば、あとはパソコンが自動的に取引をして
稼いでくれます。

FX 海外製EAならおもしろいほど儲かる!





FXもいいけどやっぱり株で稼ぎたい

そう思う人も多いようです。

そんな人のために株式の無料動画セミナーも用意しました。

上昇し始めてから準備したのでは遅い!


株式無料動画セミナー




株もFXも、もう古い。これからはCFDでしょ!

と言う人は目の付け所がいいですね。

ただ意外な落とし穴にはまっていませんか?

失敗して損する前にこちらのレポートを是非読んでみてください。

2011年最新投資手法無料レポート







野川徹のオンライントレードスクール 無料“動画講座”会員受付中!







アフィリス パートナー募集



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気blogランキング
ランキング応援お願いします

市場参加者はリスクを取り出している

世界中の市場参加者は今、
リスクを取り始めているようです。
この流れのまま2010年を迎える事が出来るのでしょうか?
 
おはようございます
松下です。
 
2009年もあと今日で終了しますが、
世界中の株価は、今上昇局面を迎えています。
 
日経平均も2009年の最高値10767円に迫る勢いで
上昇していて、ニューヨークダウについては最高値を更新して
上昇し続けています。
 
為替も、今年の後半は持ち合いや下落時間の方が長かった
通貨ペアが多かったですが、ドル/円以外のクロス円通貨は、
前半のアップトレンドを打ち消すほどの下落でもなかったので
1年を通じて見れば、アップトレンドとなりました。
 
つまり数日前のブログでも伝えましたが、2009年は
アップトレンドの年だった、と言う事が分かります。
 
2008年は、ダウントレンドの年でした。
世界の金融システム全体に信用がなくなり、市場から
一気にお金が引き上げられたからです。

 
2008年と2009年の相場の値動きから、
世界のお金の動きは、リスクを取ってもいい時間帯は
オーストラリアドルなどのオセアニア通貨、それから
ユーロなどが上昇して、
市場が危険だ!という場合には、ドルや円が上昇する
という状況になります。
 
一つの目安であり、判断材料という位置づけでは
覚えておいた方がいい事かもしれません。
 
そして、日々の値動きに意識を全部持って行かれないで
大きな視点で相場を見る事の大切さを忘れないでください。
 
2009年は、しんどい相場の時間帯が多かった、
と感じている人は多いと思いますが、それでも大きな
流れで見れば、アップトレンドなんです。
 
1年の始めに買いを入れて、ほったらかしにして
おいたら儲かった年だと言う事です。
 
それを、ああでもない、こうでもない、と買ったり売ったりを
してしまって、投資家は資金を失ってしまっています。
 
あなたが、どうだったかは分かりませんが、
もし、アップトレンドの相場の中で買いを主体に売買して
いったのに1年を通じて振り返ってみたら、思うような利益が
上がっていないとしたら、相場の値動きに振り回されて
余計な売買をしてしまっているという事です。
 
相場の世界は、理論やルールを持たずに参加して
アップダウンの動きを、その場その場で読み取ろうとか、
予測しようと思っても、大抵の場合、上手くいきません。
 
もしかしたら、そういうトレードをしてしまっていた
かもしれないと言う事です。
 
投資理論を知り、トレードルールを作りましょう。
 
大きな流れ、相場環境は上向き方向なのか?
それとも下向き方向なのか?
そういった相場環境を認識し、定義することまでを含めた
トレードルールを作りましょう。
 
それをせずに2010年相場に臨めば、たとえ2010年が
アップトレンドの年になったとしても、また同じ結果になります。
 
相場はアップトレンドで、買いを主体にトレードをしてきたのに、
なぜか利益を上げる事が出来なかった・・・。となってしまう
可能性が高いと言う事です。
 
2009年の相場でもし、あなたが利益を
上げる事が出来なかったとしても、それ自体はムダな事でも
ダメな事でもありませんし、落ち込む事でもありません。
 
2009年の投資を通じて、相場の世界では何が重要で、
これからはどういう投資をしていかなければ、いけないのか?
それを理解する事が出来ていればそれでいいんです。
 
2009年の自分のトレードを振り返ってみましょう。
 
そして、何が重要なのか?
どうして納得のいく利益を上げる事が出来なかったのか?
自分には何が足らないのか?
どんな投資理論を身につければいいのか?
それには“明確な答え”があります。
 
ぜひ自分にとっての“明確な答え”を見つけて下さい。
そうすれば2010年は明るい年になって行きます。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします
スポンサーサイト

100年に一度では済まない

100年に一度の金融危機が
100年ではなく、10年に一度、あるいは、常に
隣り合わせだったらどうしますか?
 
おはようございます。
松下です。
 
2009年も、今日を入れて残り後5日になりました。
 
出来るだけ大切な事をお伝えして2010年を迎えたいと
思っているんですが、おおくの方にとって漠然と心のどこかに
存在している不安、
“世界金融危機はもう終わったのか?まだ終わっていないのか?”
について少し触れておこうと思います。
 
世界の金融危機の原因、そして今後の世界経済を懸念する
記事を見ていると良く出てくる言葉があります。
 
“グローバル化された金融市場”
“制御不能となった肥大化した『マネー』”
という言葉です。
 
みなさんも、どこかで、そういう記事を
読んだ事があるはずです。
 
実態経済を上回る余剰資金が投資マネーとして、
世界中を飛び交い、ウイルスのように繁殖し続けて、
実態経済をも大きく揺るがす存在となってしまっている
という書かれ方がよくされています。

 
もはや肥大化された“マネー”の行く末は、世界政府が一丸と
なったとしても、“コントロール不能である”そうです。
 
“コントロールが出来ない”と言う事はつまり、
いつ何が起きてもおかしくない。それが2010年なのか、
2015年なのか、2020年なのか?いずれにせよ
いつどこで何が起きるか分からないと言う事です。
 
世界金融パニックについて語られれている時、
この“コントロール出来ない”という事が私たちに
とってもっとも大きな不安要因となっています。
 
今のところ、世界中の天才たちが、頭を悩ませても
解決策が見えていない、答えが出ないというのが現状のよう
ですが、それに対して私たちはどうすればいいでしょうか?
 
コントロールを失った世界の金融システム
に対して、何か出来るでしょうか?
 
・・・
・・・
できませんね。 
 
だとしたら私たちはどうしていけばいいでしょうか?
あきらめて、バンザイしていたらいいですか?
バンザイしたところで何も前には進みませんね。
 
だとしたら、まずは悩むのを止めましょう。
不安になるのをやめましょう。
 
そして、私たちでも“出来る事”で、頭を悩ませて
行動していきましょう。
 
投資をする上で、いつも私が言っている言葉があります。
 
それは、相場の値動きは誰もコントロールする事が
出来ないので、相場の値動きの事で悩んだり、予想した
して頭を悩ませても仕方がないですよ。
私たちでも、コントロールする事が出来る事で悩みましょう。
と言う事です。
 
コントロールする事が出来る事とは?
自分の資金量
損切りサイズ
エントリー & エグジット
ポジション数
といった事ですね。
 
相場の値動きに対して、不安になったり、悩んだり、
焦ったり、イライラしても仕方がないんです。
 
だったら、私たちは自分たちでコントロール出来る事に
焦点を絞って、日々出来る事をやっていけばいいんです。
 
大事な事は“コントロール”にあります。
 
これは世界経済の今後について考える上でも同じ事です。
 
世界金融危機についての記事を見て、私たちが不安になるのは、
肥大化した『マネー』の動きが“もはやコントロールできない”
というところにあるから、とお伝えしました。
 
“グローバル化された金融市場”
“制御不能となった肥大化した『マネー』”
これらに対して、私たちが何も出来ないのであれば、
コントロール出来る事に焦点を絞って行動していけば
いいんです。
 
自分の資産、自分の行動にです。
 
それらは制御不能でもなんでもありません。
 
自分がどう行動するか、何をするか?によって
コントロールする事が出来ます。
 
2010年も、世界経済に関する記事や報道、
ニュースはたくさん情報を浴びる事になると思います。
 
そのたびに不安な思いに駆られるかもしれませんが、
気にしすぎないで下さい。
 
いつも自分の明日、そしてコントロール出来る事に
焦点を絞って出来る事を1つ1つこなして行きましょう。
 
そうやって資産を築いていきましょう。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

日本人富豪チャーリー・タカが教える「タックスヘイブン究極の活用法」レビュー



この商材は買う人を選ぶ商材です。

今までいくつ情報商材を買った人もいると思いますが「タックスヘイブン究極の活用法」は
実践するハードルがかなり高い商材です。


しかしハードルが高い分だけ、効果は大きいです。

あなたが「1億円を必ず手に入れるんだ!」という気持ちがあるのなら
買うべきだと薦めます。


この商材にはそのためのノウハウが書かれています。


あなたが「誰かが私に1億円くれないかなぁ」と思っているのなら買うべきではありません。

なぜなら行動しない人には絶対に効果が期待できない商材だからです。



内容を簡単に説明すると
「居住場所をタックスヘイブン(マカオ)に移して資産を形成する」
「マカオに法人を作って資産を形成する」

この2種類の方法が述べられています。


だから、「日本から一生出たくない」とか「外国に法人を作るなんて面倒くさい」

そう思う人は買わない方が良いと思います。


逆に「海外に法人を作るなんて面白そう!」と思う人は是非買ってみてください。


マカオに法人を作ることはそれほど難しいことではないんです。

私もこのマニュアルを読んで近々法人を設立したいと思いました。


なぜなら「日本にいては資産を築くことは不可能」だからです。


私もかなり稼いできましたが、日本は税金が高すぎです!

これだけ税負担をして、資産を作ることは本当に難しいことだと思います。


しかしタックスヘイブンに法人を作れば税負担がかなり軽くなります。

その浮いたお金で更に投資ができます!
複利の効果で資産が凄い勢いで増えていきます。



日本と香港では、香港では平均月収が日本の3分の1なのに 4世帯に1世帯が億万長者(資産100万米ドル以上)で、
日本は10世帯に1世帯の割合という驚くべきデータがあります。


その理由は税金と資産運用の差なんですよ。


平均月収(額面)
日本=314600円
香港=110200円

これを見ていただくと、日本人の方が約3倍の月収があることが分かると思います。

普通に考えれば日本のほうが億万長者が多くて当たり前だと思うでしょう。


香港は月収が少ないのに、日本と不動産以外はそんなに物価は変わらないです。
しかし、4世帯に1世帯が100万ドル以上の資産を持っています。

この100万ドル(約1億円)以上のお金を手に入れたって言う話を日本で聞くと、
宝くじに当ったとか株やFXで一儲けしたと言う感じの夢物語でしか聞けない様な金額ですよね。

いったい彼らはどうやって1億円以上もの大金を手に入れているのか?
と言いますと資産形成環境に恵まれているからなんです。

資産形成環境!?
どういうこと??

ハイハイ
簡単に設営させていただきますね(^-^*)/

海外投資を勉強されている人にはお馴染みだと思いますが、海外には積み立てファンドというものが存在します。
月々、3万円程度~と言った少額を少しずつ幅広く投資していくファンドなんですが、
10年~30年といった長いスパンで景気の良し悪しに関係なく積み立てていきます。

積み立てファンドは最終的には年利16%くらいになる商品が多いみたいです。
これを仮に、月々5万円で25年程度積み立てると1億円くらいになります。

日本では金利に税金が掛かりますが、香港では金利に税金は掛かりません。

日本で、年利16%のファンドを持ってるとか言うと、大抵の人は
「怪しい」とか「絶対騙されている」とか「詐欺とちゃう?」
って言われそうですが、海外ではごく普通です。

日本には金融規制があるので、この様な良い商品は入ってきません。
いつまでたっても日本は金融鎖国のままです。


この方法を日本人が利用するために、タックスヘイブンに法人を作って資産運用するのです。


月々に5万円積み立てていったら、1億円になる・・・


日本ではとうてい嘘のような話にしか聞こえません。

しかし香港では当たり前の事実です。
その証拠が億万長者の数です。



あなたはこの話を聞いて「うさんくさいし、面倒くさいからやめておこう」と思いましたか?

それとも「ようし、それなら絶対俺も億万長者になってやる!」

そう思いますか?


実は私以前までは、物事にチャレンジしない人のことを「怠け者」だと思っていました。

しかしある話しを聞きました。

人間には「狼」タイプと「羊」タイプがいるってことを。


狼は自由を好みます。
羊は安定を何より好みます。


狼は多少リスクがあっても良いから自由で楽しい生活がしたいです。
羊はお金持ちになんてならなくていいから人並みの安定した生活がしたいです。


世の中の社長や成功している人は「狼」タイプの人です。
ちょっとくらい失敗してもどんどんチャレンジしていきます。


逆に羊タイプは「一生サラリーマン」で平々凡々とすごしていきます。


私は狼型の人間なので羊の気持ちがわかりませんでした。


お金が欲しくないの?
成功したくないの?


そう思っていました。

羊型の人間はそんな物はいらないんですね。

結局最後は狼に食べられてしまうかもしれないけど、
それまで怖い思いをせずに、みんなと一緒にいるのが心地よいのです。


だからもしあなたが自分のことを羊型の人間だと思うのならこの商材は買わない方がいいと思います。

単なるお金の無駄遣いだから。

みんなと同じように行動して、安定を望んでください。
それが多くの日本人でもありますし。



でも自分が狼型だと思うのなら是非買ってください。

そしてチャレンジしてください。


大富豪の道を!


この商材はあなたを大富豪に導くための道しるべの一つになるはずです。


タックスヘイブン究極の活用法


狼型の人がこれを読み終えたときには「すごく感動します」

実際私もこれを読み終えた夜は興奮して眠れませんでした。


結論としてこの商材は
狼型の人間にとっては★★★★★

しかし羊型の人間には★

評価が分かれる商材だと思います。




人気blogランキング
ランキング応援お願いします

値動きが小さくなってきました。その後の展開は?

昨日でクリスマスウィークが終了しました。
この一週間のクロス円相場の値動きは、安定した推移というか、
ゆっくりとした推移を続けており、まさに欧米の投資家がお休み
に入って行っているんだな~。と言う事が相場を見ていると
分かります。
 
そして、先週までの乱高下の相場がまさに、ポジションを
決済したり、軽くしたりする動きだったのではないかと
思います。
 
そんな中、次なる値動きは?
どうなると思いますか?

 
年末年始のどこかのタイミングで、決済した人達が
まだポジションを持ち出す動きが出てきます。
 
予想をするわけではありませんが、シナリオとしては、
ポジションを決済したり、軽くしている人達がまたポジションを
持ち出したら、元のトレンドの値動きが再び活発に動き始める、
と言うモノがあります。
 
下落のトレンドが本線で、12月に入る段階で決済していった
という事であれば、ダウントレンド再開という事になりますし、
12月に入ってからアップ方向に相場が動いてから、
ズドンと落ちていますので、そこで多くの投資家の決済が
行われていたと言う事であれば、
アップトレンド復活と言う事になると言う事です。
 
結局アップダウンのどちらの可能性もあるんじゃないか!
歯切れの悪い!アップなのかダウンなのか、どっちかって
言ってくれ!
と思うかもしれませんが、常に相場はどっちに
展開されるか、2つのシナリオがあります。
 
そして、どちらに流れても対応できるようにするのが
投資ですので、そういう意味では、どこまで言っても
私のコメントは歯切れが悪いと感じてしまうと思います。
 
この2つのシナリオに対して、どう行動をしていくのか?
どこに損切りをおいて、どこの値位置で、いくらの売買
ポジションを持っていくのか?
結局は、どっちに動くか?という情報よりも、
こういった質問に明確な回答を持つことの方が
ずっと大事です。
 
流動性が復活し始めた時に、アップトレンドが起きる
と言う場合は、比較的、中長期でポジションを持つ事が
出来る可能性が高まります。
 
なぜなら、2009年の後半からはかなり下げの時間が
長かったので、アップにトレンド転換しているとしたら、
それなりに長いアップの可能性も期待できるからです。
 
それに対して、ダウンの流れが本線だとしたら、
これまでにもかなりの時間下げてきていますので、
残りの下げ時間は短いと思います。
 
実際は、思った以上に長くなる事もありますが、
トレードを組み立てると言う場合は、こういう
組み立て方をします。
 
上昇時間と値幅が大きかったのであれば、
その分、下落時間も値幅も長くなり、
下落時間と値幅が大きかったのであれば、
その分、上昇時間も値幅も長くなります。
 
そして、サイクル理論の観点から言っても、11月27日の
長い下髭をつけた段階で、相場が転換して新しいサイクルが
スタートしていると見る事が出来ます。
 
そういう相場理論からも上昇トレンドなら長くなると見ています。
(理論はあくまでも理論で、100%ではありませんが。)
 
投資理論も、想定も、トレードの考え方もすべて100%
はありません。
 
そういう意味では、今言った事がすべて覆される
可能性はいつもあります。
 
だから、いつでも損切り(安全装置)を設定して、
ダメな状況になれば自動的に、安全装置が働くように
なっています。
 
それでも先の見えない相場に対して、投資家が利益を
上げようと立ち向かっていくためには、そういった相場理論
を知り、考え方、行動の取り方に一貫性を持たせていくことが
重要になってきます。
 
答えを求めすぎないようにしましょう。
 
そして行動していくために必要な情報を相場から
見て取れるようになりましょう。
 
2010年もそうやって利益を上げて行きます。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

2010年を切り開くお金の使い方

今日は、クリスマスと言うことですから、
投資のテクニックというよりも、裕福層のお金の
考え方、使い方、捉え方について少しお伝えしよう
と思います。

 
今お金がないから、そんな裕福層のお金の捉え方、使い方、
考え方なんて知ったところでとても真似も出来ないし意味
もないって思うかも知れませんが、そんな事はありません。
 
とても意味のある事です。
 
お金に対する正しい認識を持つ事、お金と友好的になれる
関係の作り方を知ることは、お金に関するストレスを小さく
するためにとても重要な事だからです。
 
一般の方の毎月の収入、給料の使い方と裕福層の
お金の使い方の違いについて簡単にお伝えします。
 
みなさんがどうかは分かりませんが、今FX投資を
している一般の個人投資家の方の多くは、毎月の収入の中で、
まず最初に生活費をのけます。
 
そしてローンとか、月々の支払いのお金をのけます。
そして、週末に遊んだり、友達と飲みに行ったりする
娯楽費を除きます。
 
そして残った分を貯金に回します。
 
そして貯金したお金の中から、さらに一部を投資に
回したりされていると思います。
 
中には貯金すべてを投資用資金に回してしまっている
方もおられます。(あまりオススメはしませんが。)
 
もし、出費の大きい月だったら、貯金が0になる事もあって
投資用資金は0になることもあるでしょうし、逆に貯金を切り
崩してマイナスになることもあるかもしれません。
 
それに対して、お金と友好的な付き合いをしている
真の裕福層のお金の使い方は、
 
まず最初に投資用資金をのけます。
 
そして、生活費、ローン(あれば)など
必要経費を除きます。
 
そして貯金をして、それでもお金が余った時に
娯楽費が出てきます。
 
優先順位がまるで違うんです。
 
多くの方は、生活費を1番にします。
 
でも、真の裕福な人たちというのは、自分のその
“豊かな生活”が何によってもたらされているのか?
何によって維持されているのか?
そのことを理解しています。
 
だからまず最初に投資用資金を確保します。
 
その投資用資金というのは、FX投資に使う資金もありますが、
自分のビジネスに対する投資であったり、自分自身の器、
スキル、技術を高めるための自己投資であったりもします。
 
そして、それが確保できた後に生活費などの経費を割り振ります。
 
そして貯金が来て、最後に娯楽費です。
 
真剣にこういうお金の使い方、お金との良好な
関係作りをされる方は実際早いです。
 
どんどん裕福になって行かれます。
 
なぜか?
 
裕福になるための“正のスパイラル”に入るからです。
 
多くの人は、投資用資金は最後です。
 
ガソリンが高くなった、とか税金が重くなったとか、
給料が減った、ボーナスが減ったとか、色んな要因で
簡単に投資に回すお金が小さくなったり、なくなったり
します。
 
それでは残念ながらお金の“流れ”が作れないんです。
 
止まったり、下がったりして、ときどき補充される投資と
毎月、必ず一定の量が入ってくる投資。
 
どちらが“流れているか?”
どちらが正のスパイラルに入って行くことが出来るか?
 
少し考えれば明らかです。
 
お金は量だと思っている人は多いですが、実は違います。
お金を理解するのに最も大切なのは流れなんです。
 
そして、お金との向き合い方であり、接し方なんです。
 
真の裕福層はそのことを理解しています。
 
何が自分にとって最も大切なのか?
何が自分を豊かにしてくれるモノなのか?
消費など娯楽費か?
それとも投資なのか・・・。
 
お金との付き合い方で、豊かさが変わります。
 
ぜひ2010年、お金との付き合い方を見直して行きましょう。
ご自身のお金に対する向き合い方、接し方が変われば、
“お金も、あなたに対する接し方を変え”はじめます。
 
何が豊かさをもたらしてくれるのか?
どういう使い方、接し方なのか?
キーワードはこの2つです。
 
1年で楽しい大切なクリスマスに、松下誠からの
豊かさを作る言葉のプレゼントでした。
 
それでは今日も楽しいクリスマスを楽しんで下さい。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

投資力を高めて行く人と、ずっと同じところにいる人の違い

書籍を読んだり、投資セミナーに参加されたりした時に、
学んだ事をどう投資に生かしていますか?
あなたが2010年の相場で利益を上げて
行く上でとても大切な核心の部分をお伝えしていきます。
 
おはようございます
松下です。
 
実は今日の記事は株の投資家の方を対象とした
ブログでもお伝えした内容なんですが、とても
大事な事なので、ここでもお伝えしておきます。
 
==以下先日、株の投資家向けにお届けしたブログ====
同じ書籍を読んでも、そこで書かれている事から
利益を上げるヒントを得て、利益を上げ始める人もいれば、
そこに書かれているヒントを生かせず、利益のトレードを
作れない人もいます。
 
同じ投資セミナーに参加されても、セミナーからヒントを
得て利益を上げられるようになる人もいれば、なかなか利益に
繋げられない人もいます。
 
日々、投資のブログを読んで、そこから相場の本質部分を
読み取って、日々の投資で生かす人もいれば、面白い記事だった、
といって忘れていってしまう人もいます。
 
その違いは何なのか?

 
その違いの1つは、
学んだ事をしっかりと復習して、自分の血となり肉とする人と、
『今日はいい話聞いたな~』、で終わってしまって、数日経つと
忘れていってしまう人の違いでもあります。
 
“耳が痛い”と思うかもしれませんが、
そうやって痛い思いをするところから新しい自分がスタート
していくので、耳をそらさずに受け止めて下さい。
 
でも、それだけではありません。
 
実は、しっかりと復習して、自分の血となり肉と
していく事で、必ず上手くいくか?と言われると
それほどシンプルな世界でもない事もあります。
 
なぜなら、あなたが読む書籍だったり
ブログだったり、参加するセミナーは、きっと一人の講師、
一人の投資家だけじゃないはずだからです。
 
もう1段上の学び方があるんです。
 
セミナーや書籍で学んだ事を復習するところまでは
しっかりと出来ていても、この段階の学び方までしっかり
と出来ている方は案外少なかったりしてしまいます。
 
それは“自分の頭で考える事”です。
 
これはとても重要な事です。
 
なぜなら、ある講師は、FXで儲けるのに
“ファンダメンタル分析はとても大事でテクニカル分析
なんて使えない”と言います。
 
でも別の講師の方は、その逆で、
“テクニカル分析はとても大事で、ファンダメンタル分析
は使えない、あるいは難しくて取り入れられない”
なんて言ったりします。
(↑これ私です。)
 
“投資は、予想するものだ!”
“的確に未来の相場を予想出来る人だけが利益を上げられる!”
という人もいれば、
“投資は予想してはいけない!”という人もいます。
(↑ これ私です。)
 
ナンピン買いは有効な手段だ!という人もいれば、
ナンピン買いは危険な投資法だ!という人もいます。
(↑ これ私です。)
 
それらを書籍やセミナーで聞いた時に、
何も自分の頭で考えずに、そのまま受け入れてしまって、
トレードを作ろうと思うと、矛盾が生じてチグハグな
トレードをしてしまうことになります。
 
じゃあどっちが正解なんですか?
と聞かれると、歯切れの悪い、いやな回答だ!っと思う
かもしれませんが、“どっちも正解”なんです。
 
“ファンダメンタルで利益を上げている”
ということであれば、そのその投資家にとっては、
“ファンダメンタル分析はとても大事でテクニカル分析
なんて使えない”が正解であって、
逆にテクニカル分析だけで利益を上げている
投資家にとっては、
“テクニカル分析はとても大事で、ファンダメンタル分析
は使えない、あるいは難しくて取り入れられない”
が正解になってしまうからです。
 
どっちかが正解を言っていて、どっちかがウソを
言っているわけではないんです。
 
だから、どんな投資家のセミナーに参加されて投資を
学んだとしても“自分にとって合っている投資法”なのか?
あるいは、このセミナー講師の方が、言っている
投資法の優位性はどういうモノだろう?
相場のどういう優位性を利益に変えようとしている
投資法だろうか?
ということは“自分の頭で考えなければいけない”んです。
 
そして、個人投資家に一番欠けている事が、
“自分の頭で考える”という行為なんです。
 
セミナー講師を務めるくらいだから、
この人の言っている事は正しいに違いない!と言って
鵜呑みにするのではなく、
『なぜ、この講師の方は、ここで買って、ここで
売るって言っているんだろう?』
そこにはどんな優位性があるんだろう?
自分のトレードに取り入れることはできるだろうか?
というように考えてみてください。
 
考えて、答えが見つからなかったら、その講師の方に
聞けばいいんです。
 
もちろん何も知らない状態でいきなりこのレベルの
学び方が出来ないかもしれませんが、トレードを
“磨き続ける人の学び方”はこういう学び方です。
 
“自分にはできない”というように思われるかもしれませんが、
そんな事はありません。普通の投資家で十分できます。
(なんと言っても私も普通の投資家ですから! 笑)
 
絶対にして欲しくないのは、
『今日はいい話を聞けた~』で終わってしまわない事です。
 
せめて復習をして相場で実践出来るところまで
理解を深めようとしてください。
 
それは必須条件です。
2010年以降のトレードの結果を変えたい!
自分の力で結果を変えて行きたい!と思う方は
ぜひ実践して行って下さい。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

松下誠からの2010年を迎えるための課題

先日は、2010年を迎えるにあたって、
簡単ではありますが、相場の展望について
お伝えしました。
 
“リスクを取って資金を増やそうとする動き”
オセアニア通貨、ヨーロッパ通貨が買われやすい
“リスクから逃げようとする動き”
円高、米ドル高
の値動きになりやすい
 
もちろん、米ドルが抱える不安材料が多いので、
米ドルだけがとことんドル安になって他の通貨は
堅調に上がっていく、という可能性もないことは
ないですが、
2008年の金融不安、金融危機の値動きと
2009年の回復相場の値動きを見ている限りでは
上記のような展開が想定出来ます。
 
そうは言っても、上記の事が分かれば、2010年の
投資は楽勝!!勝ったも同然!
と言えるほど相場は簡単ではありません。

 
2009年同様、リスクを取ってオセアニア通貨、
ヨーロッパ通貨が上がっていく相場になったとしても、
その過程においては、何度か金融不安再びか!?
と思わせるような大げさな暴落が起きる可能性も十分あります。
 
やっぱりそっちか!
やばい逆だ!舵をきれ~!
買いだ~!売りだ~!
ふと気がついて過去の相場を見てみると相場はきれいに、
アップトレンドを描いていた、なんて話はよくあります。
 
それくらい、相場の値動きに対して、その中に入っている
投資家は弱いです。感情でトレードをしていると、まず
ほとんどの方が振り回されます。
 
そこで2010年を迎える前に、ここで課題を
お届けしたいと思います。
 
その課題とは、、、
“予想をしない”
あるいは、“予想で相場に資金を投じない”です。
 
予想はしてもかまいませんが、そこに資金を入れて
リスクを取るのであれば、それは予想ではなく、
“根拠”を持たなければいけません。
 
必ずです。
 
根拠があれば、後から自分の過去のトレードを見た時に
“なぜ、そこで買ったのか?”その理由を思い出すことが出来ます。
 
でも、根拠を持たずにただの相場観とか、予想で
トレードをしてしまっていると、後から相場を見た時に、
なんでここで買ったんだろう?
というようになってしまいます。
 
根拠のない予想や、相場観によってトレードをして
損をした損失はただの損です。
 
でも、根拠を持ってトレードを組み立てている場合、
損失を出したとしても、大抵の場合その後のトレードで
利益を上げることが出来ています。
 
なぜなら、その根拠が相場の優位性に裏付けられた
モノであれば、その優位性の通りに相場が展開される
からです。
 
損切りは一時的に何度かあったとしても、
相場が相場として機能している限り、利益を
回収する事が出来ます。
 
それがトレードであり、トレードルールは
そうやって作っていくものです。
 
2010年は本気で利益を上げて、これまでの
結果と変えて行きたいと言うことであれば、
“予想をしない”
あるいは“予想でトレードをしない(リスクを犯さない)”
“根拠を持ったトレードによって利益を上げる”
これが実践出来るようになって下さい。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

2010年のFX相場の展望は?

クリスマスウィークに突入してきました。
徐々に値動きが小さくなってきてしまいますので、
その点には注意してトレードしてください。
 
“1日の利益が小さすぎる!”といってポジションを
安易に増やしてしまうと、先日のブログでもお伝えした通り、
波乱の展開が突然スタートしてしまい、一気に大きな損失を
抱えてしまう、という事態にもならないとも限りません。
 
値動きが小さい時も長い相場人生の中ではあります。
その相場の流れの遅さにイライラして、余計な事をして
しまう事で、かえって失敗してしまう、
これが個人投資家がいつもやってしまう事です。
 
あくまでも相場の都合、相場の流れに逆らわず
受け入れつつトレードを組み立てて行きます。
 
先週同様、要注意の相場展開が続きます。

 
さて、今日のタイトルの2010年のFX相場の展望に
ついてなんですが、実は先週の水曜日に、会員の方限定で
【FX市場における2010年の相場の展望】という
タイトルでテレセミナーを開催しました。
 
それから、FX情報ドットコム という雑誌に
今年の1月からずっと記事を書いていますが、そこでも
来年の展望を少し書きました。
 
このブログが一番購読者も多いので、
少しだけ取り上げさせて頂こうと思います。
 
2010年の相場の展望といっても、それは
単独であるモノでもなんでもなく、今年の相場展開の流れ、
しいては去年、2008年の世界金融不安、金融危機の
流れから作り上げていくモノです。
 
お話しようと思えば、2008年の展開までは
最低でも遡らなければいけません。
 
2008年の相場は誰もがご存じ、投資をしていない人でも
ご存じの世界金融パニックが起きて、株式、商品、為替の
すべてが暴落しました。
 
為替で言えば、円高、ドル高に相場は振れました。
 
そして2009年は、、、というと、パニックで暴落した
相場が“回復していく展開”が起きました。
(2009年は相場のパニックからの回復の流れに乗って
大きな資産を構築された方はたくさんいらっしゃいます。)
 
ここで実は、1つ有力な事実が浮かび上がってきます。
 
2008年のような金融パニック時には、
円高、ドル高方向に動き、
相場に安定感、安心感が広がると、
オーストラリアドル、ニュージランドドルなどの“オセアニア通貨”
やユーロ、ポンドなどの“ヨーロッパ圏の通貨”
が上がってきていると言うことです。
 
とくにオーストラリア、ニュージーランドの
オセアニア通貨の上昇は顕著なモノでした。
 
相場が経済的な背景を持って安定しているかどうかを言うと、
『今は決して安心していける展開ではない!』というアナリスト
の方やファンダメンタリストの方もいますし、
そういう方々の言う事には確かな根拠もあるでしょうから、
実際のところ2009年の相場が安定、安心していける
相場であったかどうかは分かりませんが、
少なくとも、相場にお金を投じている投資家が
“リスクを取って行ってもいい”と思う相場展開が起きた
時には、オセアニア通貨やヨーロッパ通貨が買われている
ということです。
 
なぜ、オセアニア通貨が買われているのか?
 
理由は本当は何だっていいんですが、他の通貨と比較した
時に明確に浮かび上がってくるのは、
スワップ金利ですね。
 
市場に対して不安な時、人は投資から離れて
現金を手元に戻そうとします。
 
そして、市場に対して安心感が出てくると、
また投資をし出します。
(リスクを取ってお金を増やそうとします)
 
この単純な心理からスワップ金利の高いオセアニア通貨に
買いが集中した、という状況だと認識しています。
(ファンダメンタル的に何か別の要因もあるのかもしれませんが)
 
つまり2010年の相場の展開は、
市場参加者が相場に対して安心、安定を感じていくので
あれば、今の流れが続いていく可能性は高いです。
 
しかし、最近少しずつ見え始めているドバイショックやら
アメリカの商業用不動産で血を見る展開が起きる、といった
不安材料がどう影響していくか?
それによっては、展開が変わっていく可能性も0ではありません。
 
各国は世界経済を元の状態に戻して行きたいと思っていますので、
そういった不安材料に対して、対策も投じてくるでしょうが、
起きる時は起こるし、起きない時は起きません。
 
私は未来の相場に対して、シナリオを立てたり、
あらゆる可能性については考えを巡らせる事はありますが、
予想はしません。
 
その時に起きる相場に対して、適切な対処をして行くだけです。
 
そうやって2009年も利益を上げてきましたし、
2010年もそうやって利益を上げて行きます。
 
2010年を目前にした今の時期は2010年の展望に
ついて大胆な予想や展望を打ち出してくるアナリストや
ファンダメンタリストはたくさんいますが、
くれぐれも安易な予想に自分の取れる以上のリスクを
投じてトレードして行くことはしないでください。
 
あくまでもトレードは、自分が許容できるリスクの
範囲に抑えて、相場の状況に適切な対処が出来るトレード
ルールを持って行うモノです。
 
リスクを小さく抑えながら、2010年相場を
乗り越えて行きましょう。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

今年の年末は波乱はなしか?

さて、世界中の多くの人が楽しい気分になるクリスマス、
明日からはそんなクリスマスウィークに入ってきます。
 
そして、このクリスマスシーズンに入るにかけて、
相場は徐々に取引量が減って、値動きが小さくなってきます。
 
欧米ではクリスマスシーズンは、トレードを休憩して
家族や友人と楽しく過ごすという文化があるからのようです。
 
しかし、その分波乱が起きやすくなるのも12月、1月の相場です。
 
なぜなら、相場を休む → ポジションを決済する
ということですから、多くの人が決済することで相場は
動き安くなります。
 
次に、休憩を終えてトレードを開始する → 新規ポジションを立てる
多くの人が新規エントリー注文を入れる事でまた相場が動きます。
 
事実、2006年の年末年始も、2007年の年末年始も、
2009年の年末も波乱かどうかはその人の主観によるところ
ですが、相場は大きく動きました。
(過去のチャートを見れば分かります。)
 
そういった流れ乗った人は短期間で大きな利益を上げ、
流れに乗れなかった人は残念。だけどまだマシ、
大変なのは、流れに逆に乗ってしまった人です。
 
せっかくの年末年始の楽しいひと時が、一瞬で
凍りついてしまいます。
 
そして、おそらくですが、欧米の投資家に比べて、
日本の投資家の方が凍りついてしまう人は多いです。
 
それは、クリスマスの文化がもともと欧米のモノですから、
12月、1月の相場も欧米の投資家の動向によって作られて
いるという側面もありますが、
一番大きな要因は、日本の個人投資家は感覚でトレードを
行っていて、損切りについてもその場の感覚や感情でして
しまっている方が多いからです。
 
損切りを100%自動的に実践し続けるのは
確かに簡単な事ではない、と思われる方は多いです。
 
つい、損切りを怠ってしまう。
つい、損失を嫌がって、損切りを我慢してしまう。
どうしても、損切りした後に相場が回復するのを見るのが悔しい。
 
そんな感じでしょうか?
実際、利益を上げられるようになって、雑誌に取材されたり
するようになられた投資家の方々でさえ、当初は損切りを自動的に
行うのが大変だった、、と言うようにおっしゃられているくらい
ですから、つい損切りを怠ってしまう・・・、というのは、
分からないでもないです。
 
でも、まずは損切りを出来るようになって下さい。
 
私は出来ませんが、事実損切りを入れないで
勝っているトレーダーの方もいます。
 
でも、その方々は“損切り”を入れない事は
どういう事かを分かってやっています。
 
損切りを入れるメリット、デメリット。
損切りを入れないメリット、デメリット。
 
それらを分かって、損切りを入れない、あるいは
損切りをその場で判断してやっている、といった感じです。
だったら大丈夫です。
 
でも、多くの人は、
ただなんとなく“損失を出すのが嫌だから”とか、
待っていたら“回復するから”といった事で、損切りを
入れないで、我慢しようとします。
 
年末年始の相場は“波乱が起きやすい”です。
それは過去の相場から明らかです。
 
今年の相場は比較的、波乱なく平穏に推移しそうではありますが、
それでも、絶対ではありません。
 
波乱の相場が起きた時、自分のポジションが“トレンドの逆”に
あった場合、適切な損切りのポイントに来たら即切る、という
準備は出来ているというようにしておいてください。
 
もしあなたは、今年は損切りを100%徹底して
こなかったという事でしたら、2010年、まずは必ず、
損切りを徹底して下さい。
 
最初は、しんどい思いをしますが、トレードルールに
優位性があれば、自分の思っている恐怖や不安とは裏腹に
利益は伸びて行きます。


私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

2009年の振り返り、そして2010年へ

先日、2日間にわたって江崎からお届けしました。
 
成功者のマインドを身につける、そして大きく成長するために
“自分のコンフォートゾーン”から出る事。
 
どちらも2010年に投資の結果を変えようと思うので
あれば、とても大切な考え方です。
 
さらには『ダイナミックに生きる方法』というタイトルの
オーディオセミナーまで無料で提供されています。
 
私も久々にジェームススキナーのセミナーの音声を
聞きましたが、活力の湧いてくる、とても成長に役立つ
音声だと思います。
 
まだ手にされていない方は下記から無料でダウンロード出来ます。
http://www.jamesskinner.jp/dynamic/index2.php
 
2009年が終わるまでもう2週間が切ってしまっていますが、
2009年は実際大変な年になりました。
 
税収は36.9兆円ということで、37兆円を下回るほどの
減少となり国債の発行額は63年ぶりに税収を上回ったそうです。
 
日本は本当に大丈夫か?
と思わせるような状況が実際に起きていますが、それでも
“日本はもうダメだ!”といってバンザイしてしまっても
何かが解決するわけではありません。

 
私たちは、たとえ日本がどうなろうとも、
自分たちに出来ることを日々実践して、1つ1つ
達成していくしかないんです。
 
そして、そうやって腐らずに、毎年、毎年積み上げて
いく方だけが多くの事を達成して成功者となっていきます。
 
あなたがジェームススキナーのオーディオセミナー
をすでに聞かれていたら、もう学ばれた事だとは思いますが、
2009年が終わる前に、しておきたい2つの質問があります。
 
“1つ目の質問は2009年は何を達成されましたか?”
というモノです。
 
投資で年間20%の利益を達成した!とか、20%の利益と
まではいかないまでも、資金マネジメントを徹底して行う事は
身につけた、とか、トレードルールを構築してから順調に
トレードする事が出来るようになった、
などなんでもいいです。
 
投資の事以外のビジネスとか、趣味とかであっても別にかまいません。
 
もし、何も達成したモノが思い浮かばなかったとしたら、
2つ目の質問をします。
 
“今年、あなたは何にフォーカスしてきましたか?”
 
投資ですか?
それともご自身の仕事ですか?
独立してビジネスをしていくための準備にですか?
プライベートでしている何かですか?
 
おそらく最初の質問に対して、何も達成したモノがない、
となってしまっていたとしたら、この質問にも、自信を
持って答えられるモノはなかったかもしれません。
 
何を伝えたいか分かって頂けましたか?
 
2010年はフォーカスを絞って下さい。
 
投資で利益を上げたい!と思って私のブログも
ご覧頂いているということでしたら、
“投資で年間で20%以上の利益を上げる”
とか、
“まずは年間を通じて、1%でもいいから資金を増やして
全体の2割以下である勝ち組投資家の方に入る”
というようにフォーカスを絞って下さい。
 
今の時代“素人でも3ヶ月で簡単に儲かるFX投資法”と
言って、安易に、簡単に収入が得られるというような表現が
使われているモノもあるので、安易に結果が得られると
思ってしまいやすいですが、
そんなモノはほっておいてください。
 
2010年以降は、必ず2割以下の“勝ち組投資家に入る
という事にフォーカスして、それを達成するために何を
すればいいか?
何を学んでどういう投資をする事でそういう結果が得られるのか?
そこにエネルギーを集中して行きましょう。
 
そうすれば、ちょうど1年後の2010年12月に
2010年の1年間を振り返った時に最高の満足感を
感じることが出来るはずです。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。