まずはランキングをご覧ください



FXで勝つための方法はいくつかあります。

まず1番基本的な方法は「儲かる売買方法を身につける」ことです。

FXはカンや偶然で勝てるほど簡単な物ではありません。

「FXで損をした」と言う人のほとんどがカンや自己流の投資法で
ギャンブルした結果なのです。

逆に言えばしっかりとした戦略さえあれば勝てるのがFXです。

次の動画を見てください。




動画の彼の場合はネット株で儲けていますが、もちろんFXでも可能です。

というより、FXのほうが株よりも稼げる可能性は高いです。

株は全面的に急落するような相場ではいくら天才でも稼ぐことは難しいですが、
FXならショートすれば初心者でも簡単に稼げます。

しかし何も勉強せずにFX投資をするのは、それは投資ではなくただの「ギャンブル」です。

あなたがFXで「自分の資産を増やすのが目的」ではなく「スリルを楽しみたい」だけなら
何も勉強せずにFX取引をすればよいでしょう。


しかし、
「老後のためにお金を増やしたい」
「いつ仕事がなくなってもいいようにFXで副収入を得たい」

そう思っているなら少なからず「勉強」が必要です。


厳しいことを言いますがFXは素人が遊びで勝てるほど簡単なものではありません

FXで勝ちたいならしっかりとした投資スキルをつける必要があります。

しかし逆に言えばしっかりとした投資スキルさえあれば、子供でも勝てるのがFXです。



それではどのような方法でFXを学べばよいのでしょうか?

私がオススメするのは無料オンライン動画セミナー
です。

上がると思って買ったら下がり
下がると思って売ったら、上がり始める

どうして私の時だけこんな事になるのか・・・

あなたが、もし一度でもそう思った事があるなら
オンライン動画セミナーは、あなたにとって
投資の見方が大きく変わるほどの衝撃があるでしょう。


どうすれば、あがって行く相場に乗る事が出来るのか?

どうすれば、下がって行く前に売り逃げる事が出来るのか?



そして、どうして相場は動いて行くのか

その答えがこの無料セミナーにあります。




・投資に興味があるが、リスクが怖い
・なぜか何時も自分の予想と逆に相場が動いてしまう
・相場の見方を詳しく知りたい
・テクニカル投資術を極めたい
と思うなら
是非ご覧ください。

無料オンライン動画セミナー


無料オンライン動画セミナーではテクニカルな内容を教えてくれますが、
それだけでは不十分という人もいると思います。

投資にはテクニックも大事ですがメンタルも大事です。

例えば一流のテクニックを持ったプロゴルファーがいたとします。
しかし彼が精神面で弱い人間だとどうでしょうか?

ここで優勝が決まるような大事なパット。
いくら技術があっても精神面が弱い人はそんな大事なパットを外してしまいます。

無料CD『投資で失敗しない7つの法則』では投資で失敗しないためのノウハウが記されています。

なぜ世の中には儲かっている人もいるのに自分だけが損してしまうのか?

もしそう思ったことが一度でもあれば是非無料CDを請求してみてください。

無料CD『投資で失敗しない7つの法則』






更にFXをもっと勉強したい人はFXトレード演習帳がおすすめです。

これも無料でFXの勉強ができますので是非登録してみてください。

FXトレード演習帳




いくつか教材を紹介しましたので本気で儲けたい人は
必ず見てください。

ちなみに私がFXを始めた数年前は
こんな教材がかなり高かったんですよ。

数万円もするのはざらでした。

それが今では無料で勉強できるなんて
良い時代になったものです。

そんな恵まれた時代なのですが・・・

「でも、勉強するのって面倒くさいんだよなぁ・・・」

もしあなたがそう思うのであれが、一つだけ方法があります。

FXの自動取引ソフトという便利な物が最近では発売されています。

これは本当に楽ちんです。

最初にソフトの設定をすれば、あとはパソコンが自動的に取引をして
稼いでくれます。

FX 海外製EAならおもしろいほど儲かる!





FXもいいけどやっぱり株で稼ぎたい

そう思う人も多いようです。

そんな人のために株式の無料動画セミナーも用意しました。

上昇し始めてから準備したのでは遅い!


株式無料動画セミナー




株もFXも、もう古い。これからはCFDでしょ!

と言う人は目の付け所がいいですね。

ただ意外な落とし穴にはまっていませんか?

失敗して損する前にこちらのレポートを是非読んでみてください。

2011年最新投資手法無料レポート







野川徹のオンライントレードスクール 無料“動画講座”会員受付中!







アフィリス パートナー募集



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気blogランキング
ランキング応援お願いします

売りを仕掛けていくべきか?

為替相場が下落を続けていますが、ここは
売りを仕掛けていくべきタイミングでしょうか?
 
おはようございます
松下です。
 
先日ユーロ/円が約10ヶ月の間、続いていた長いレンジの
持ち合い相場の下限を切って下落して行きそうな展開で
注意が必要というお話をしましたが、
今のこの為替相場の展開の中で、
『もしかして相場はまだ下落トレンドの中で、
下落していくんじゃないのか?売り戦略に切り替えて
いかないといけないんじゃないか?』
といったように考えられている方も
出てきているかもしれません。
 
“疑う”事は重要な事です。
 
実際、その可能性は十分ありえます。
 
ただ、たとえ、下落トレンド、下落相場を疑っていく
にしても、多くの人がやってしまいやすい間違いがあります。

 
それは“疑う”と同時に“行動”に移る事です。
 
『下落トレンドかもしれない』と思った
その次の瞬間には、もう売っている
これでは投資では勝てません。
 
ノイズにひっかかり、
買いでも売りでも損をする事になります。
 
売りを疑うのであれば、売りで利益を上げる戦略、
売買のタイミングなど、についてしっかりと根拠ある
モノを持っておかなければいけません。
 
でも残念ながら、多くの個人投資家は“我慢”が
なかなかできません。
 
“売りかもしれない”と疑った時に、
次の瞬間には、
“やばい、このままでは乗り遅れる、今すぐ
行動しないと行けない”
というように考えてしまいます。
 
この悪循環の流れは断ち切らなければいけません。
 
売りに舵を切りなおしたのであれば、
ちゃんとした戦略、売買ポイントが出るまでは、
“トレンドが出ていても見送る”くらいの器量が
必要です。
 
“ポジポジ病”なんて名前がつけられているくらい
すぐにポジションを持ちたくなる人は多いですが、
ポジポジ病の人がやってしまっている行動パターンは、
“疑う”と同時に“行動”してしまっている事です。
 
今の状況で売る事がダメだと言っている
わけではありません。
 
今の状況で買いを待つのが悪いと言っている
わけでもありません。
 
大事な事は、トレードを継続して利益を上げていこうと
思うなら、たとえ自分の思惑と反対に相場が動いたとしても、
“疑い始める”と同時に“行動”してしまう
という事ではダメだと言う事です。
 
大切な事は、どんな相場でも利益を取ろうと、必死に
なるのではなく、自分のトレードルールを信じて、
自分のトレード戦略の優位性を理解して、その優位性を
利益に変えるトレードを実行し続ける事です。
 
ぜひその事の大切さを理解して、一貫性を持った
トレードを実行し続けて行きましょう。
 
相場が“自分にとって”苦しい展開になってきた時に、
どういう行動が出来るか?どういう判断をしていけるか?
損切りが続いても、ポジションを小さくしたりして、
一貫性を持ったトレードをして行けるのか?
それとも、継続出来なくなって、感覚でトレードを
してしまうのか?
そこが大きな分かれ道です。
 
もし、今の相場に関わらず、あなたが
“疑う”と同時に“行動”してしまう傾向があると
するならば、その流れは断ち切って行きましょう。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします
スポンサーサイト

ユーロ/円ダウントレンド入りか?

124円~140円付近で
かれこれ10ヶ月以上持ち合い気味に推移していた
ユーロ/円が下放れしていっている可能性があります。
相場全体にどう影響していくのか?
 
おはようございます
松下です。
 
先週から大きく下落して、今もなお下落を続けている
ユーロ円ですが、10ヶ月以上続いていた持ち合い相場を
下方向に放れていってしまう可能性が出てきています。
 
11月27日の安値も切って下落を続けていますので、
残すところは、昨年4月28日の安値124.37円しか
ありません。
 
この事が他の通貨に対して、どういう影響を与えるのか
というと、ユーロは世界の2大通貨の1つですから、
あまり良い影響は与えない事は明らかです。
 
まずは、4月28日の安値を切って下落してしまうのか?
再び持ち合いのレンジの中に戻っていくのか?
注目です。

 
本当は、上方向に上昇してくれると、長い持ち合いを
形成していただけに、大きくトレンドが伸びてくるのではないか?
と期待していたんですが、あまり雲行きは良くないようです。
 
あくまでも“相場が正しい”ですから、自分の戦略、
見通しと逆方向に動いたのであれば、潔く損切りして
いくだけです。
 
もし、あなたが、今、ユーロ/円を買いで
持っているとしたら、『なぜ、持ち続けているのか?』
と言う事の答えは明確にしておいてください。
 
『売るに売れなくなってしまった』とか、
『上がって欲しいから』
なんて事ではいけません。
 
なんらかの優位性に裏付けられたルールに沿っている
というのであれば、問題はありませんが、そうでないなら、
手仕舞いしておいた方がいいです。
 
利益であれ、損失であれ、明確な理由なくポジションを
保持している事はとても危険な行為です。
 
まずはどこで下げ止まって、アップトレンドに
転換してくるのか?注目していきましょう。


私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

2010年は、ヤバイかもしれない、、

2010年の相場には
ちょっと大変な事態が起きる可能性も
あるみたいです。
 
おはようございます
江崎です。
 
今朝は、松下誠がスイスに行って時差ボケと
シンポジウムの参加もあってちょっとお届け出来ない
みたいですので、江崎からお届けしようと思います。
 
今週は大きな下落の週となりましたが、ちゃんと
マネジメントしてしのいでいるでしょうか?
どれだけ強いアップトレンドの中でも、予期せぬ突然の
暴落が起きる事もありますので、その点はしっかりと
マネジメントによってしのいで行って下さいね。
 
先日の松下誠のブログで、レイモンド・メリマン氏に
会って直接お礼を言う事、さらには直接今のメリマン氏の
話を聞ける唯一の機会としてシンポジウムに参加する
という事についてお伝えしましたが、
出発の前日に松下誠と電話で話をしたところ、
2010年の世界の相場は、メリマン氏いわく
ちょっと大変な事になる可能性が高いらしいです。

 
メリマン氏は、サイクル理論のように統計学的な
裏付けを持った周期の理論を打ちたてていますが、
一方で、さらに突っ込んでアストロロジーといった
天体の位置を見ながら、今後の相場の値動きを予想していく
占星術的な方法の研究者でもあります。
(なかなかぶっ飛んだ人です。理論を打ち立てるほどの
天才とは、そういう人達なのかもしれませんが)
 
そんなメリマン氏によれば、2008年の世界金融危機は
想定されていたモノであり、しかもまだその危機は
完全には去っていない可能性が高いらしいです。
 
そして、何か大変な事が起きるとしたら、
それは2010年、つまり今年の可能性が高いそうです。
 
その点についてはもっと詳しい話をシンポジウムで、
聞いて来るそうですが、投資で利益を上げて行こうという
私たちは、今年の相場を生き抜いていくためにも、少し
気を引き締めておいた方がいいのかもしれません。
 
でも、2010年の相場がたとえヤバイと聞いたからと言って、
『あ~ヤバイヤバイ!どうしよう、どうしよう~!』
といってパニックになる必要はありません。
 
“相場は予想しない”
“日々の値動きから適切な“対処、行動”をしていく
事によって利益を積み上げていく”
“どんなパニック相場が起きても、自分の資金は
大丈夫と言える、そんな投資を作り上げていく”
といったような松下誠が日々伝えてくれている
メッセージをしっかりと自分のモノにして、実践して
行く人は、どういう相場が展開されても大丈夫です。
 
そして、
“自己規律”
野川徹さんからの教えであり、松下誠もその重要性を
実感として持っているモノですが、パニック相場と
聞いて、パニックになるのではなく、
あせらず、冷静にその相場から
優位性を見出して、チャンスに変えて行ける
そういう事が出来る人が投資の世界で
利益を上げて行く人です。
 
松下誠がスイスから帰ってきたら、メリマン氏
から聞いてきた話を、伝える何かを企画しようかな~、
っておもったりしていますので、楽しみにして
いてください。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

下落相場は買いにとって最大のチャンス!?

下落相場は嫌いですか?
でも、下落相場がチャンス相場を運んできて
くれているって知っていましたか?
 
おはようございます
松下です。
 
クロス円相場を中心に下落調整を入れてきていますね。
買いが圧倒的に多い日本の個人投資家としては今週は
しんどい時間帯だったと思います。
 
明日から週末なので、気持ちを切り替えて
頑張って行きましょう。
 
下落相場は、実はしんどい相場でも何でもなく
チャンス相場を生んでくれる投資家にとって必要な
時間帯ですから。
 
週末の間に今週の展開を振り返り、来週の戦略を
立てて望めば、そういうチャンス相場も見えてきます。
 
あと、ちょっとここで1つ突然のお知らせなんですが、
今日から松下誠はスイスへ行ってきます。

 
え~、何を突然どうしたの?
って思うかもしれませんが、
実は前々からスイスの美しい自然の中で投資をしようかな~、
と思って悩んでいたんですが、ついに決心してスイスに別荘を
買って移住する事にしたんですよ、、、ってウソです。
(私は今の福島の田舎町が大好きです。)
 
週末にスイスで開催されるメリマンサイクルの生みの親、
レイモンド・メリマン氏のシンポジウムに参加するためです。
 
実は、昨年末にメリマン氏に、
『サイクル理論を知ったおかげで投資家としての道を
切り開いて行く事が出来ました。今ではメリマンサイクル論の
優位性を多くの日本の個人投資家に伝えさせて頂いています。
機会があれば直接お礼を言いに伺います。』
というような感謝のメールを送ったんです。
 
そうすると、すぐに返事が返ってきて、
『お~そうか、それなら、ちょうど来年1月にスイスで
シンポジウムのゲストスピーカーとして参加するから来ない?』
というメールが返ってきたんです。
 
しかも、何度かメールをさせて頂いたら、
今回のシンポジウムがご自身の中で最後のシンポジウムに
なるという事でした。
 
もの凄いギリギリのタイミングだった!と思ったので、
ぜひうかがわせて頂きます。と即返事をして話を聞きに
行くことになりました。
 
サイクル理論を使ってトレードをしている日本の方の
ために、少し対談させて頂けませんか?
とも聞いたんですが、残念ながらシンポジウムの期間中は
忙しいらしく、そういう時間は取れない、と言う事でした。
 
また、機会があったら、ぜひやろう!
とは言って下さったので、もしかしたら、今後、
メリマンさんのお話を直接お届け出来る日が来るかもしれません。
楽しみにしていてください。
 
そういう事で今週末、私はスイスの美しい自然の中で
癒されてきます。(いつも福島の自然で癒されていますが。)
 
明日からのブログはスイスからのお届け!という事で、
時間とか毎朝のいつもの時間にお届け出来ないかもしれませんし、
ネット回線とかに苦戦すると(アナログ人間なもんで)
配信が出来ない可能性もあるんですが、できるだけ現地から
お届けしようと頑張ります。
(お届け出来なかったらすみません。)
 
おっと私のお知らせはこの辺にしておいて、
下落相場が実はチャンス相場だ、という話の続きですが、
たとえば、分かっている人は分かっていると思いますが、
下落調整が全く入らなかったら、どこで買えばいいのか、
入るタイミングがなくなってしまいます。
 
たとえば、10日移動平均線のゴールデンクロスで買い、
というルール(他にも条件があっていいんですが)で買い
としていたならば、10日移動平均線がゴールデンクロス
した後に、デッドクロスしてくれなかったら、次に買う
事は永遠にこなくなってしまいます。
 
それでも、もちろん利益が伸びていっているんなら、
言いと言えばいいんですが、買うタイミングが来ない
と言う事は、今度は伸び幅も小さくなってしまいます。
 
なぜなら、買うタイミングが来ない=新規で買う人が
少なくなっていってしまうからです。
 
つまり、値がぐんぐんと伸びていくためには、
新規で買う人が次々と出てくる必要があると言う事で、
そのためには、調整の下落が要所、要所で現れてくれる
事はとても重要な事なんです。
 
つまり、調整の下落は、次に新しい買いチャンスの
タイミングも一緒に運んでくれていると言う事で
投資家にとって必要なモノなんです。
 
もちろん、下落調整と思っていたら、下落トレンドへと
値動きが発展してしまうリスクはいつもはらんでいるので、
その点には注意していかなければいけませんが、
 
下落調整が、自分にとって苦しいモノだとしたら、
それは自分の投資を見直していく必要があると言う事です。
 
相場の動きは、本当にうまく出来ています。
原理、原則に逆らわずに行動して行けば自然に利益を
上げられるように出来ています。
 
下落調整時間がきつい、いつも下落相場で資金を失って
しまって、それまでの利益も全部なくなってしまうと言う
事でしたら、それはトレード方法に改善の余地が必ず
あります。
 
ぜひ、相場に不満をこぼすのではなく、上がってくれと
祈るのでもなく、相場の原理、原則に合うように自分の
トレード方法に焦点を当てていってください。
 
それが前進していく一番の方法です。
“下落相場はピンチ”ではなく“チャンス”です。
ぜひそう思えるようにトレードを作っていきましょう。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

貴重な動画をプレゼントします!

ビッグニュースです。

あのカリスマトレーダー野川徹がプロトレーダーの
育成でも使っているトレードスクールの内容を一部
無料で公開してくれています。


開始2ヶ月程度の間に1万人以上の人が殺到して
講座に参加されているそうです。



もしかしたら、あなたはカリスマトレーダー野川徹さん
の事をご存じないかもしれないので、簡単に紹介しておくと
はっきり言って化け物ですよ。


今でこそ、あまり個人投資家の前に現れなくなっていますが、
10年前までは商品先物の世界で野川徹の事を知らない人は
いないと言われていたほどのカリスマトレーダーでした。


韓国の大手電機メーカーサムソンのグループ会社の
サムソン先物という会社で、資産運用を任されていた事もあり、
今では住商エレクトレードという住友商事のグループ会社で
プロトレーダーを統括して育成、マネジメント業務をされる
ジェネラルアドバイザーををされています。


プロディーラー集団を率いて会社の資産運用を
されているという事です。


そこらへんにいる

『儲けました~。私の投資法を●●円で公開します~。』
と言っているような“自称儲かっている投資家”とはまるで
次元が違う方だという事が分かって頂けると思います。



そんな野川徹さんが、一部のプロトレーダーの育成でも
使われているトレードプログラムの内容の一部を無料で
公開してくれています。



ぜひ無料講座を受けてみてください。
相場の本質をかなり詳しく話してくれています。

無料動画講座




PS
今、野川徹さんの6日間集中、無料“動画”講座に
参加された方には、野川徹 & 松下誠の対談セミナー
“投資の世界で利益を上げる4つの戦略”音声ファイル
がもらえるみたいです。はっきり言ってコレもやばいです。

貴重!音声ファイル


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

投資家を苦しめている目に見えないモノ

昨日は、ポンド/円を好きな個人投資家は多いですが、
それは実は単にハイリスクハイリターンの投資を知らずに
やってしまっているだけだと言う事をお伝えしました。
 
昨日のメッセージを書いていて思ったんですが、
投資家を苦しめている“モノ”の正体がふっと
言葉として浮かんできました。
 
今までもそれとなくお伝えはしていましたが、
とてもしっくりくる言葉でした。
 
“投資家を苦しめているモノ”
それは、あらゆる場面で出てきますが、
たとえば、今のクロス円相場では、持ち合い気味に横に
推移していったり、ちょっと下落傾向であったりのいわゆる
アップトレンドの調整局面のような感じですが、
多くの人はおそらく今のような相場展開は
あまり好まないかもしれません。
 
投資家にとって最も好まれる相場展開とは、
綺麗なアップトレンドが形成されている相場で、
今日も上昇して利益が上がり、明日も上昇して利益が
上がっていく、といつまでも上昇していくような去年の
ニューヨークダウのような相場だと思います。

 
自分のイメージの中では、綺麗なアップトレンドを
望んでいるのに、現実の相場はぐだぐだとした持ち合い
相場や下落調整相場です。
 
このイメージと現実との“ギャップ”
これが投資家を苦しめているモノです。
 
本当なら毎月安定して30万円の利益が欲しい
と思っているのに現実には毎月ジリジリ損をしていて
マイナス5万円とかマイナス6万円といった展開で
時々10万とかの利益が出る時もある。
 
というように現実と理想に開きがあると、
もっと利益が欲しい、損失なんて出したく
ないと思いだします。
 
オーストラリアドルが強い通貨だ!と聞いたから、
儲かると思って、オーストラリアドルを買ったのに、
調整局面に入って全然利益が伸びないじゃないか~、
となったり、
ポンド/円は値動きが大きくて、他の通貨よりも
儲けやすいと聞いたから、ポンド/円でトレードを
しているのに、前よりもかえって損失金額が大きく
なってしまうようになったじゃないか~、
など色んな場面で、思い描く理想と現実の
ギャップに投資家は苦しんでいるんです。
 
では、どうすればギャップに苦しまずに
済むようになるでしょうか?
 
自然に出てくる答えは、ギャップの開き具合を
縮めていく事、だと思います。
 
毎月30万円の利益を上げたい!と思いながら、
マイナス5万円とかになってしまっているとしたら、
マイナスの状況を改善させるためにトレードを改善
していくか、目標数値をまずは月10万円上げる事に
下方修正するとか、3ヶ月で30万円という期間延長を
するなどしていかなければいけません。
 
理想を追い求めて、無理なトレードを続けていたのでは
ギャップがさらに広がっていってしまって、余計苦しい
状況になってしまう危険性もあるからです。
 
オーストラリアドルが予想に反して
上がっていかない!と自分の思いとのギャップに苦しんで
いるとしたら、月足チャートを見てみてください。
 
2001年から2007年の夏までは堅調なアップ
トレンドを作りましたが、昨年2月から現在にいたる
までのアップトレンドを見てみると、かなり急激な
上昇をしている事が分かります。
 
自分にとって望ましいアップトレンド、つまりは
自分の都合にとってのアップトレンドと、相場の都合、
相場の原理、原則に合ったアップトレンドにギャップ
があると言う事です。
 
相場を自分の都合に合わせる事は出来ますか?
それは出来ませんね。
 
だとしたら、自分の都合を調整して
相場の都合に合わせていくしかない、という事です。
 
現実をありのまま見つめて受け止めて下さい。
そして、理想と現実のギャップを少しずつでいいので、
埋めて行って下さい。
 
投資の世界は、まず相場ありきです。
相場の都合にどれだけ自分のトレードルール、資金、
感情、利益など自分の都合を合わせていけるか?
理想と現実との間にあるギャップを小さいして
日々トレードをしていけるかに掛っています。
 
自分のトレードを見直して、ギャップを
埋めていきましょう。


私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

ポンド/円は好きですか?


一般に、日本人は
ポンド/円のトレードが好きな人が多いようです。
なぜか分かりますか?
 
理由は簡単で、1日の値動きが大きいからです。
 
多くの個人投資家は、ボラティリティーの大きな相場では
不安になったり、恐怖する一方、安定した相場では値動き
の激しい展開を好みます。
 
ま~、ボラティリティー(変動幅)が大きいパニック相場と
普段から値動きが大きい相場というのは確かに同じでは
ありませんが、値動きが他の通貨に比べて大きなポンドを
日本人の多くが、好む理由は、
“早く稼ぎたい”
“大きく稼ぎたい”
というモノがあるからです。

 
私はというと、全然こだわっていません。
なぜなら、それは“幻想”でしかない事を
理解してるからです。
 
値動きが大きい=損切りまでの幅が広い
という事を意味しますので、本来であれば、必然的に
他の通貨に比べて、ポンド/円は売買サイズが小さく
していかなければいけないんです。
 
“早く稼ぎたい”
“大きく稼ぎたい”
から、ポンド/円は好きだ!と言っている人は
多いんですが、当たり前の事なんですが、裏を返せば、
“損をする時も早く”
“損をする時も大きい”
と言う事です。
 
物事は表裏一体なので、ポンド/円が他の通貨に
比べて儲けやすい通貨だと言うわけではないんです。
 
残念ながら、そこまでをきっちり理解してポンド/円
は好きだ!と言っている人はあまり多くはないようです。
 
ただ単に、自分はハイリスク・ハイリターンの
投資法が好きだと言う事を言っているだけと言う事です。
 
本来、ハイリスクハイリターンか?または、
ローリスクローリターンの投資か?と言う事は
マネジメントによって調整して行くべきもので
通貨によって調整されるべきモノではありません。
 
ポンド/円が他の通貨に比べて、ボラティリティー
が大きいという事は、マネジメントによって他の通貨と
リスクを均一にした上で、リスクを資金に対して1%に
するのか?それとも2%にするのか?3%にするのか?
という事を決めて行きます。
 
ぜひ投資法世界の表面的な事に惑わされないで下さい。
 
オーストラリアドルやニュージーランドドルなどの
オセアニア通貨はスワップ金利が高いから好きだ!
という人もいますが、スワップ金利は、通貨と通貨の
金利差によって出てくる金利です。
 
つまり、円を売ってオセアニア通貨を買えば、
スワップ金利は高いですが、逆にオセアニア通貨を
売って円を買えばマイナスのスワップ金利も高い
と言う事です。
 
物事はすべて表裏一体です。
 
表面的なモノに惑わされていつの間にか気づかない
うちにリスクを大きくしてしまっていたと言う事には
しないでください。
 
そして、
“早く利益を上げたい!”とか“大きな利益を得たい”
というニーズは通貨がどうかではなくて、
“投資ルールはどういうルールか?”
“マネジメントはどういうマネジメント方法なのか?”
という“自分でコントロール出来るモノ”で、
調整して行くようにしてください。
 
それが相場に利益とかトレードをコントロールされずに、
自分で、自分の利益サイズ、トレードを決める、または
コントロールしていく方法です。
 
本質部分をしっかりと見つめて行きましょう。


私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

本当の痛みを知る

多くの方は“痛み”に対する連想の仕方が間違えています。
そして、その間違えのいくつかは悲劇的な結果を生んで
しまいます。
どう間違えているのか?
 
おはようございます
松下です。
 
先日、バビロンの大富豪が作り上げた“豊かさの法則”
についてお伝えしました。
 
そして日々、投資で利益を上げる方法とか知恵といった事を
お伝えしています。
 
だけどそういったメッセージから学んだことを中々、
実行できずに日々苦しい投資を繰り返している人はいます。
 
なぜか?

 
それは、痛みに対する連想が間違っているからです。
 
例えば“トレードルールを作る”という行為は、
決して簡単なことではありません。
 
投資で利益を上げていくための私達の唯一の武器
ですから、簡単なはずはありません。
 
投資の原理、原則をしっかりと学び、相場で検証に
検証を重ねて作り上げていくモノです。
 
セミナーに参加したり、本を読んだり、教材や
コーチングを受けたりして、時間とお金を掛けて
作り上げていかなければいけないモノです。
 
たとえ人から投資ルールを教えてもらって
自分で考えて作ったわけではなくても、この作業には
時間を掛けるべきことです。
 
だけど、この作業に対して時間とかお金を掛けることに
“痛み”を連想して、なかなかやろうとしない方がいます。
 
痛みと言っても、この場合、面倒だと思ったり、
考えるのがしんどいと思う行為も含めて言っています。
 
そんなことよりも、目の前の相場で利益を上げるために、
どの通貨ペアで売買すればいいのか?
何を買って、何を売れば儲かるのか?
といった短絡的な情報を求めてしまったりします。
 
それ以外にも、多くの人は目の前にある含み損を切って、
損失を確定させることに痛みを連想してしまっています。
 
含み損はあくまでも含み損であって、決済してしまったら、
損が確定してしまうから、これは痛いというようにです。
 
多くの人が連想する“痛み”というのはそういう事です。
 
でも、成功者の人にとっての痛みはまるで逆です。
 
“長期的な安定”、“長期的な成功”これらを脅かす
モノに対して痛みを連想しています。
 
だから、投資ルールが出来ていないのに投資を
続けてジリジリと損失が増えていっている状況に対して、
“痛み”を感じていますし、
含み損を含み損として置いてまま放置して、この先含み損が
“広がるかもしれない”という危険な状態にに身を投じている
状況に対して痛みを連想します。
 
だから、損失は早くきります。
 
どんどん切ります。
 
しかも、将来も継続的に一貫性のある行動が出来るように
投資ルールを作ることに対して時間やお金を掛ける事に痛みは
連想しません。
 
それらが将来を豊かにするモノと位置づけられているため、
“痛みではなく快楽”を連想しているからです。
 
ほとんどの人は、今しんどい思いをする事、お金を失う事に
痛みを連想しているのに対して、
 
一部の人は将来が不安定だったり、将来が豊かじゃない事に
対して、痛みを連想しています。
 
だから行動がまるで正反対になってしまうんです。
 
“自分にとって何が本当に痛い事なのか”、どういう状態が
しんどい事なのか、今日はお休みですので、ぜひじっくりと
考えてください。
 
痛みに対する連想の間違いは、人生において致命的な
違いを生みます。投資においても致命的な違いを生みます。
 
連想が修正されれば、行動が修正され、行動が修正されれば
結果が修正されます。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

ドローダウン時が勝敗を分ける

先週金曜日にはクロス円相場を中心に太い陰線が
出現しました。
アップトレンド再開を疑わせる段階からの太めの陰線です。
このまま下落は続くのか?
 
おはようございます
松下です。
 
朝はちょっと用事があったので、お昼からの
配信となりましたが、今日も頑張ってお届けして
行きたいと思います。
 
先週の金曜日には、クロス円相場を中心として
太い陰線が出現しました。
 
調整下落からアップトレンド再開かな?といった
ところからの太い陰線でしたので、嫌な展開ではありますが、
ラクな展開をしてくれない(自分の思い通りにはいかない)
のが相場ですので、
 
今はまだアップトレンドと定義しているのであれば、
下落に変わるまでは我慢の時間帯です。
 
トレードにおいてこういった、いわゆる
ドローダウンの時間帯というのはとても重要です。
 
この時間帯にどういう行動をするか?
または、どういう行動をしないように我慢して
おけるがが、相場の世界では勝敗を分けます。

 
ヘタに売買を繰り返したり、損した分を取り戻そうと
焦って反対売買をするなど、相場の優位性とか相場の
都合を無視して自分の都合で余計な事をすると大抵
損を拡大させてしまいます。
 
または、損切りをしなければいけないポイントまで
きているにも関わらず、損切りを我慢してしまったり、
しなければいけない事をしない、あるいは出来ない
でいると、利益をすべて吐き出して損失を拡大させて
しまったりします。
 
大切な事はトレンドが転換したのか?
それとも一過性の下落に過ぎないのか?
下落調整がまだ続いていたのか?
それらを日々の相場の値動きから見極める事です。
そして見極めたうえで、適切な行動を適切なタイミングで
して行くことです。
 
あせってヘタな売買をして損をする事ではありません。
 
それが、最終的にトータルで利益を上げていく方と、
途中、何度も利益を上げるトレードをしているのに、
最終的には損失で終わってしまう人を分けてしまう
大事なポイントです。
 
投資で利益を上げて行こうと思えば、平坦な道のり
ばかりでは当然ありません。その途中にはしんどい
思いをする展開も当然あります。
 
私が師匠と仰ぐ野川徹さん、さらには伝説の
トレーダーリチャードデニスは、投資で利益を上げて
いくのに最大の秘訣は“自己規律”にある言っています。
 
自己規律とは、
自分が絶体絶命のパニック状態に陥った時に、
いかに冷静な行動、適切な行動をして行くことが
出来るかどうか?
と言う事です。
つまり、投資をしている中で、ドローダウン時に、
いかに適切な行動ができるか?
という事です。
 
アップトレンドが長くずーっと続いている相場で
あれば、その相場では確かに多くの人が利益を上げる
事が出来ます。
 
でも、下落相場や持ち合い相場など、トレンドが
汚くなってくれば、まぐれで利益を上げていた人の
増えた資金はすべてなくなってしまいます。
 
ドローダウン時に、自分がどういう
トレードをしているか?
どういう感情になっているか?
ぜひ、客観的に見て行って下さい。
出来れば、ノートに記しておいてください。
 
そしてそのノートを、後に来るアップトレンドの
相場の中で、確認してみてください。
 
そうやって自己規律の能力を高めて行くことが出来ます。
 
トレードで勝敗を分けるのは、ドローダウン時です。
ぜひ、今週の相場の値動きに集中して適切な行動を
とっていきましょう。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

あなたのトレードの味方は?

トレードで利益を上げるために味方になって
くれるモノが多数あります。
あなたはどれだけのモノを味方にする事が出来ていますか?
 
おはようございます
松下です。
 
お金持ちになるための法則について書かれている書籍は
ロバートキヨサキの有名な“金持ち父さん、貧乏父さん”
以来数々出ています。
 
そういう本に書かれている通りに実践して、実際にお金持ち
になっていかれている方もたくさんいます。
 
ただ、そんなお金持の方法、法則について書かれている
書籍のほぼすべてに共通して書かれている事があるんですが、
何かご存知ですか?

 
それは、自分の外の力をレバレッジにして上手く使う事
お金が儲かる自分のシステムを持つこと
この2つです。
 
ビジネスを起こすにしても、自分ひとりの力ではまるで
どうにもなりませんが、従業員をやとったりして1人では
出来ないこと以上の事をやります。
 
そして、投資の場合も“お金”を使ってお金を生むという
自分以外の力を活用しています。
 
お金持ちがお金持ちとしてずっとい続けられる理由も、
お金を持っていない人がお金持ちになっていく理由も、
どちらにも共通している事は、自分以外の力をレバレッジとして、
常に自分にお金が流れてくる仕組みを作る事にあります。
 
“自分の外の力を使う”これが富の法則であり、
成功して裕福になるための重要な事です。
 
投資の中の“トレード方法”について細かく言っても、
外の力を上手く活用できているかどうか?という事は
重要になります。
 
1つには、資金のレバレッジ
 
100万円のお金を使って、1000万円分の投資をすれば、
レバレッジ10倍となって、それだけお金が増えるスピードが
早くなります。
 
ただし、その分損するときも早いですが。
 
2つ目には、“相場のトレンド”
 
相場の中にあるトレンドに乗る(トレンドを味方にする)
事ができれば、相場が資金を勝手に増やしてくれます。
 
相場のトレンドに逆に乗ってしまったら資金はいくら
あっても足らなくなります。
 
3つ目は、時間のレバレッジ
 
実は1番大事なのかもしれないのが、この時間を味方に
する方法です。お金持ちの方ほど時間を味方につけたトレードを
日々行っています。
 
そして、お金持ちでない方ほど時間を活用せずに逆に敵視しています。
そして“資金のレバレッジ”のみで、増やそうとしてしまっています。
 
最初にお伝えしたとおり、資金のレバレッジは相応のリスクを
はらんでいますので、逆に損する時もスピードが速いです。
 
堅調にお金持ちになっていく人ほど、3つのレバレッジ
をバランスよく味方につけます。
 
そして、お金持ちがずっとお金持ちであり続けているのも
3つのレバレッジを“いつも”バランスよく味方につけて
いるからです。
 
とくに時間は、最も重要なポイントを締めています。
たとえば、年利20%で資産運用して複利で回せば4年で2倍です。
 
6年でほぼ3倍です。
 
10年運用したら、なんと6倍です。
 
年利20%なんて、100万円が120万円でたった
20万円しか増えてないし、そんな投資やってられない!
というように、そこで思考をストップさせる人は多いですが、
実際は10年経ったときには6倍になっている投資法なんです。
 
視点を1年先で止めてしまえば、確かに20万円です。
そしてほとんどの人は、1年単位で考えたり、もっと短い
スパンで考えたりしていますが、お金の法則に気づいている人、
お金持ちの人の理解は違います。
 
1年で見ればたった20万円でも、10年経つ頃には、
100万が600万円に増えているという事に気づいています。
 
そしてその事実の方に視点を合わせています。
 
もし、年利30%だとしたら1年で見れば100万円が
130万円ですが、10年で見れば1300万円です。
 
今日“いくら儲けた、昨日はいくら損した”といった視点から
長期的な視野にたって考えられるようになりましょう。
 
それがどんなお金の本にも書かれている最大の秘訣であり、
最大の法則です。
 
せめて2つのプランを持ちましょう。
 
10年後に豊かになっているプランと、もっと短いスパンで
豊かになっているプランの2つです。
 
そうすれば、短いスパンで豊かになれなかった
としても、10年後には豊かになっている事が出来ます。
 
同時に複数のプランを走らせてリスクヘッジして
おく事も、お金持ちの法則の1つです。
 
“自分の中”で何とかしようとは思わないで下さい。
 
お金持ちの方はいつも“外の力”を上手く活用しています。
ぜひお金持ちの法則に沿って日々の行動を少しシフトチェンジ
していきましょう。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。