まずはランキングをご覧ください



FXで勝つための方法はいくつかあります。

まず1番基本的な方法は「儲かる売買方法を身につける」ことです。

FXはカンや偶然で勝てるほど簡単な物ではありません。

「FXで損をした」と言う人のほとんどがカンや自己流の投資法で
ギャンブルした結果なのです。

逆に言えばしっかりとした戦略さえあれば勝てるのがFXです。

次の動画を見てください。




動画の彼の場合はネット株で儲けていますが、もちろんFXでも可能です。

というより、FXのほうが株よりも稼げる可能性は高いです。

株は全面的に急落するような相場ではいくら天才でも稼ぐことは難しいですが、
FXならショートすれば初心者でも簡単に稼げます。

しかし何も勉強せずにFX投資をするのは、それは投資ではなくただの「ギャンブル」です。

あなたがFXで「自分の資産を増やすのが目的」ではなく「スリルを楽しみたい」だけなら
何も勉強せずにFX取引をすればよいでしょう。


しかし、
「老後のためにお金を増やしたい」
「いつ仕事がなくなってもいいようにFXで副収入を得たい」

そう思っているなら少なからず「勉強」が必要です。


厳しいことを言いますがFXは素人が遊びで勝てるほど簡単なものではありません

FXで勝ちたいならしっかりとした投資スキルをつける必要があります。

しかし逆に言えばしっかりとした投資スキルさえあれば、子供でも勝てるのがFXです。



それではどのような方法でFXを学べばよいのでしょうか?

私がオススメするのは無料オンライン動画セミナー
です。

上がると思って買ったら下がり
下がると思って売ったら、上がり始める

どうして私の時だけこんな事になるのか・・・

あなたが、もし一度でもそう思った事があるなら
オンライン動画セミナーは、あなたにとって
投資の見方が大きく変わるほどの衝撃があるでしょう。


どうすれば、あがって行く相場に乗る事が出来るのか?

どうすれば、下がって行く前に売り逃げる事が出来るのか?



そして、どうして相場は動いて行くのか

その答えがこの無料セミナーにあります。




・投資に興味があるが、リスクが怖い
・なぜか何時も自分の予想と逆に相場が動いてしまう
・相場の見方を詳しく知りたい
・テクニカル投資術を極めたい
と思うなら
是非ご覧ください。

無料オンライン動画セミナー


無料オンライン動画セミナーではテクニカルな内容を教えてくれますが、
それだけでは不十分という人もいると思います。

投資にはテクニックも大事ですがメンタルも大事です。

例えば一流のテクニックを持ったプロゴルファーがいたとします。
しかし彼が精神面で弱い人間だとどうでしょうか?

ここで優勝が決まるような大事なパット。
いくら技術があっても精神面が弱い人はそんな大事なパットを外してしまいます。

無料CD『投資で失敗しない7つの法則』では投資で失敗しないためのノウハウが記されています。

なぜ世の中には儲かっている人もいるのに自分だけが損してしまうのか?

もしそう思ったことが一度でもあれば是非無料CDを請求してみてください。

無料CD『投資で失敗しない7つの法則』






更にFXをもっと勉強したい人はFXトレード演習帳がおすすめです。

これも無料でFXの勉強ができますので是非登録してみてください。

FXトレード演習帳




いくつか教材を紹介しましたので本気で儲けたい人は
必ず見てください。

ちなみに私がFXを始めた数年前は
こんな教材がかなり高かったんですよ。

数万円もするのはざらでした。

それが今では無料で勉強できるなんて
良い時代になったものです。

そんな恵まれた時代なのですが・・・

「でも、勉強するのって面倒くさいんだよなぁ・・・」

もしあなたがそう思うのであれが、一つだけ方法があります。

FXの自動取引ソフトという便利な物が最近では発売されています。

これは本当に楽ちんです。

最初にソフトの設定をすれば、あとはパソコンが自動的に取引をして
稼いでくれます。

FX 海外製EAならおもしろいほど儲かる!





FXもいいけどやっぱり株で稼ぎたい

そう思う人も多いようです。

そんな人のために株式の無料動画セミナーも用意しました。

上昇し始めてから準備したのでは遅い!


株式無料動画セミナー




株もFXも、もう古い。これからはCFDでしょ!

と言う人は目の付け所がいいですね。

ただ意外な落とし穴にはまっていませんか?

失敗して損する前にこちらのレポートを是非読んでみてください。

2011年最新投資手法無料レポート







野川徹のオンライントレードスクール 無料“動画講座”会員受付中!







アフィリス パートナー募集



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気blogランキング
ランキング応援お願いします

ポジショントークの罠

クロス円相場で、ヨーロッパ圏を筆頭に下落(円高)が続いています。

ユーロ、ポンド、フランすべてにおいて
安値の切り下げも見られました。

 

おはようございます
松下です。

 

クロス円相場は、今週に入って一転、
下落方向に向かって大きく落ち続けています。

 
2月8日前後に相場が上昇を開始して、
1月半ばからの下落の流れが変わったかな?
と思い始めた矢先の大きな下落なので、
多くの個人投資家にとっては落胆してしまう展開かと思います。

 
こういう相場でトレードをして行く上で、
気を付けておかなければいけないことがあります。

 
それは
相場の原理、原則を第一優先してトレードを作り上げる
ということです。

 

人は感情の生き物です。

だから、どうしても自分が買っている時には、
買い優勢にものを見てしまいやすくなりますし、
売っている時には、売り優勢のものの見方をしてしまいます。

 
こういうものの見方、またそこから話す内容を
ポジショントーク と言ったりするんですが、
どうしてもポジションを持った時には、
ポジションを持たずにニュートラルな状態にいる時とは
違う見方をしてしまうんです。

 

これはある程度は仕方がないことです。
感情を持つ人であるならば。

 
だから、たとえ自分が上がると思っていても、
相場の原理原則にしっかりと適応させた行動が必要になってきます。

 

たとえば、上がると思っていたけども安値を切り下げてしまった、
だから相場は下かもしれない、と判断を変えていくことです。

 

“上がると思う” これは自分の感情、思いです。
(もちろんその裏には根拠もあるはずですが)

 
それに対して“安値を切り下げた”というのは“事実”です。

 
自分の感情は上げると思ってきたけれども、
相場は逆を示しているから“売り”だ!あるいは
“買わない”といった行動をして行かなければいけないんです。

 

“事実に基づいて行動をする”

それが相場の原理、原則に忠実に合わせたトレードをする、
ということです。

 
多くの個人投資家は、

“自分が上がると思っていた”時に、逆に下げてしまった。

 
となれば、そこで思考停止してしまったり、
パニックになって、何をどうしていいか分からず
含み損が増えていっているのに、損切りを怠ってしまって
損を拡大させてしまうことがあります。

 
自分の思考が追いついていなかったとしても、

“相場の原理、原則を知っている”具体的には
“安値を切った相場は弱い相場、ダウントレンドである”

 
ということを知っていたら、思考に反したとしても、
少なくとも損切りをして身を守ることはできます。

 

相場に突然、予期せぬ展開が起きたとしても、
自分の感情がパニックになってしまったとしても、

“相場の原理、原則に沿った行動する”

と言う事をしっかりと頭に叩き込んでいることで、
資金を守る事が出来ます。
そしてチャンスをモノにする事もできるようになります。

 
私の師匠の野川徹さんが
冗談交じりでよく言われる言葉に、

 
“今はアップトレンドです。(キッパリ)
でも明日はダウントレンドって言っているかもしれないよ。”

 
というのがあります。(笑)

 

これはまさに、
相場が動けば、相場の原理、原則にしたがって、
判断も180度変わってしまうと言う事であり、

 
“いつも相場の原理、原則に沿った行動する”

ということを意味しています。

 

 
“いつも相場の原理、原則に沿った行動する”

この言葉とその意味を、必ず覚えておいてください。

 
そして実践出来るようになって行ってください。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします
スポンサーサイト

リスク市場からお金が逃げている?

火曜日の急落から、
トレンドの方向性がまたあやしくなってきています。
ボラティリティが大きく不安定な相場が続いています。

 

おはようございます
松下です。

 

火曜日のメールで、

調整の下落が起きているのか?
それとも下落トレンドに変わっていくのか?注目です。
先入観にとらわれずに相場を見ていきましょう。

 
というようにお伝えしましたが、
本当に今の相場は、突然急落もすれば、
1日の間でもかなりの大きな値幅を上下したりと
ボラティリティが高く、先入観に囚われてしまうと危険ですし、
安易な判断が出来ない展開です。

 

“お金の流れ”から見れば、
まだリスク市場には資金を投じきれない、
と言った流れもあるようです。

 

ただ、これからもしばらくの間、ずーっと下落し続けるか?
リスクを取れないという事で、
市場から資金を撤退していって下落し続けるのか?というと、
どこかでは反転して上昇に転じる局面は出てきます。

 

それは、先月野川徹さんと対談した際に、
野川さんが話して下さっていた事でもあるのですが、
ファンド筋などプロの方々はトレードを休むわけにはいかないからです。

 

必ず、市場にリスクをさらして、
運用していかないと資金は増えませんので、
ファンド筋等の資金から市場は必ず流動して行くんです。

 

私たち個人投資家は、プロトレーダーと違って
相場が好転してくるまで休む事が出来ますが、
プロは相場が悪くても、そういうわけにはいかないんです。

 

相場の流れが悪くても、市場にリスクをさらして
トレードをし続けなければいけないんです。

 

その流れ、そのファンド筋等の資金が相場をどう形成していくか?
というところは市場の値動きを見ていかなければいけませんが、
ずーっと下落し続けるわけではない、
と言う事もまた認識しておかなければいけません。

 

相場が下落している時には、
個人投資家はそのまま下落して行くことしか
考えられなくなってしまいやすいですが、
実際は逆です。

 

相場が下落している時には、
上昇に転じるタイミングについて備えておかなければいけませんし、
相場が上昇している時には、
下落に転換してしまう時の事は意識しておかなければいけません。

 

ボラティリティ(1日の変動幅)が大きいので、
やっぱり下落だ!と振られてしまいやすいですが、
まだまだ下落トレンドが確定しているわけではありません。
(安値を切り下げたダウントレンドの形を形成したわけではありません)

 
そういう意味でも
先入観や、恐怖の思いで安易な判断をしてはいけません。

 
見るべきポイント、判断すべきポイントを明確にした上で
相場を見つめていきましょう。

 
集中の時間が続きます。

私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

お金の流れを見る

相場全体のお金の流れを見ていく事も重要な視点です。
 

おはようございます
松下です。

 

今、世界のお金はどこに流れているのか?
 

そういう視点で世界のメジャー通貨を見て行くことはとても大事な視点です。
この事は、今FX情報ドットコムという雑誌に連載をしていて、
そこでも書いた事なんですが、これを見て行くことで、
ある種の優位性を見出す事にも繋がって行きます。

 

昨日、今日の相場で言えば、若干円高方向に推移していますが、
そんな直近の値動きだけではなくて、
もう少し長い期間でのお金の流れです。

 

2008年の例から見ても、市場にリスクが走り、
リスクから回避しようとする動きが起きると、
円高方向に相場は動く傾向がありますが、
それが先週までは円安方向に推移していました。
(今もその流れは続いてると思いますが)

 
つまり、市場はリスクをしっかりと取りながら
投資をしていたと言う事です。

 

ただ、そんな中でもソブリンリスクからか、
ヨーロッパ圏の通貨に関しては上値が重い展開でした。
 

一方、オーストラリアや、ニュージーランドなどの
オセアニア通貨はというと、大きな上昇相場となっていました。

 

世界金融暴落以降、金利はすこし下がっていますが、
それでも世界の主要通貨の中では高い金利を維持していますので、
リスクを取っていく方向に動いた時には
オセアニア通貨に資金が集まっているようです。
 

今、どの地域に資金が流れているのか?

それを見ていくだけでも、世界がどういう状態なのか?
少し見えてきます。
 

もちろん、それだけでトレードをするというわけではありませんが、
一つの優位性、環境認識として、
今世界の資金はどこに集まっているのか?

 
ぜひそういう視点も持ちながら
相場を見られるようになって行きましょう。

 

松下誠

 
PS
今、クロス円は2日ほど下落していますが、
調整の下落が起きているのか?
それとも下落トレンドに変わっていくのか?
注目です。先入観にとらわれずに相場を見ていきましょう。

私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

ギリシャ、ソブリン・リスク回復の目途立たず?

ギリシャのソブリンリスクの回復の目途が経って
いないなか、円高基調は回復しないのか?

 

おはようございます
松下です。

 

火曜日は急上昇して為替相場はアップトレンドか?という
ような動きを見せていますが、今、世界の経済はどこもあまり
良い状態ではないようです。

 

ギリシャのソブリンリスクが、ポルトガル、スペインに広がり
欧州全体のソブリン・リスクとして警戒されていて、PIGS危機
なんて呼ばれているようです。

 

P(ポルトガル)I(イタリア)G(ギリシャ)S(スペイン)
でPIGS危機だそうです。

 

ドバイショックとか、最近●●危機という言葉が
たくさん出てきていて、そのうち危機慣れ?してくるんじゃないか?
なんて思ったりもします。(冗談です)

 

実際、ソブリンリスクは、ひどくなってきているらしく、
回復、解決の目途もまだ立っていないようです。

 

買いの戦略を立てている人にとってはいやなニュース、
マイナス材料と言わざるをえません。


 

『やっぱりまだまだ下がるしかないだろう~。』

『回復の目途が立つまでは、とても買えない、』
そんな風に思うかもしれません。

その気持ちはとてもよくわかります。

 

それは正常な反応だからです。

 

ただ、投資家として相場の世界でトレードをして
利益を上げようと思うのであれば、そこで終わって
いてはいけません。

 

確率は低かったとしても、常に逆の可能性について
考えておかなければいけません。

 

なぜなら、相場の世界で強く大きなアップトレンドが
発生するのは“マイナス材料がある状態から”だからです。

 

そして“大衆投資家の逆を行け!”という相場の格言が
あるくらい、相場の世界で利益を上げようと思うなら、とにかく
“逆を疑う”姿勢は持ち続けなければいけないからです。

 

反対の状況に立って見てみてください。

強い上昇トレンド、経済も良好で、金利も高く
好景気の国の通貨はずーっと買われ続けるのか?

どうですか?

 

確かに相当買われる事は間違いありません。

でもいつまでも買われ続けるわけではありません。

 

下がる材料、不安材料が何もなくても、上がった
相場は必ず一定期間は下げるんです。

 

これまでの相場はずっとそうでした。

 

それと同じで弱い市場がずーっと売られ続けるのか?
というと、それもまたそうはならないんです。

 

必ず、買われる時がきます。

 

上昇トレンドの最中に、下落をイメージ出来ない人は
相場の世界では勝てません。

 

それと同時に、

下落トレンドが続いている時に、アップに変わる事が
想像できない人は相場の世界では勝てません。

 

世界の状態がどれだけ悪くても、相場が上がっていくなら、
その事実を受け止めて、買って利益を上げるのが投資家です。

 

事実に基づいて行動を決めて行きます。

 

まだまだ下げるぞ~、危険だぞ~!という予想をするのは
アナリストの役目であって投資家の役目ではありません。

 

だから、アナリストに任せましょう。

 

投資家なら、

事実を見ましょう。

相場を見ましょう。
 

世界が今、ソブリンリスクを抱えて、日本市場にも
その影響が出てきているのは事実かもしれません。

 

それと同時に、相場は今、方向感を見定めながらですが、
2月8日に底値をつけて、下落の流れから上昇に変わろうか、
といって上昇しているのも事実です。

 

今後の値動きを見ながら適切な行動をして行きましょう。

 

上昇がダマシで下落が続くなら、買いません。
売りの戦略を考えるかどうか?という事になります。

 

上昇に変わってくるなら、買う事が出来るか?
と検討をしていきます。

 

ニュースに振り回されるのでもなく、
大衆投資家と同様の考えに思考を支配されるのでもなく、
相場を見て、事実を見て相場に臨んで行きましょう。

 

私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

[動画]移動平均線を使ったトレード

移動平均線は使えない!もう古い!という方は
結構いますが、それは果たして本当でしょうか?


 


おはようございます
松下です。


  


今日は、相場もお休みという事もあるので、
今の相場に囚われ過ぎずに、トレードについて
学んでいきましょう。


  


動画解説を作成しました。



<移動平均線を使ったトレード手法>



移動平均線は使えない!あるいはもう古い!と思っていませんでしたか?


  


移動平均線は、古典も古典で、古くからある方法ですが、
とても効果的で扱いやすく、利益を上げるトレードに
使える指標の1つです。


  


ぜひ、深い理解。
テクニカル指標についてたくさん知っている必要はありませんが、
深い理解を持ちましょう。





人気blogランキング
ランキング応援お願いします

相場は基本的にファンダメンタルに支配されている

テクニカル分析では利益を
上げる事ができないのか?

 

おはようございます
松下です。

 

“相場は基本的にファンダメンタルに支配されている”

この言葉は私の師匠の野川徹さんが投資家育成スクール
の中でおっしゃられている言葉です。

 

そして今、世界は、ソブリンリスクや米国商業用不動産の
焦げ続き、景気低迷、国債の乱発による資金余りの状況で、
とても健全な経済状況、成長状況ではありません。

 

通貨、株、債権を買っていけるか?

市場に資金をリスクにさらしていけるか?

テクニカル分析なんてやっている場合じゃないんじゃないか?
ファンダメンタル分析(経済動向をチェックして経済の流れに乗る投資)
をしていかないといけないんじゃないか?

そんな風に不安に思っているかもしれません。


 

テクニカルにはテクニカルの良いところがあって、
ファンダメンタルにはファンダメンタルの良いところが
あります。

 

じゃあ使い分ければいいんじゃないか?

テクニカルが機能する時間帯は、テクニカル分析をして、
ファンダメンタル分析が機能する時間帯はファンダメンタル
分析をする、というように。

 

残念ながらそれは難しいです。

 

今がテクニカルなのか?ファンダメンタルなのか?
結局判断をするのが“人”であり“感情”だからです。

 

人は、感情の生き物であって、不安な状況にとても弱いです。
(もしあなたが2008年相場の中にいたなら、
実感として納得出来ると思います。)

 

テクニカルを使えばいいのかファンダメンタル分析を
すればいいのか?という大事な部分を、不安定な個人の
相場観、裁量で行う事は常に不安材料を抱えている
事になります。

 

機能する時は機能するかもしれませんが、
機能しない時は、とことん裏目裏目を引いてしまいます。

 

じゃあ、どうすればいいか?

 

答えは簡単です。
とことん追求すればいいんです。

 

冒頭で私の師匠の野川徹さんが、

“相場は基本的にファンダメンタルに支配されている”

と言っている事をお伝えしましたが、そんな野川さんは
テクニカル分析でトレードを作っています。

 

完全に感情と、ファンダメンタルを排除する
システムトレードも追及されています。

 

相場は、基本的にはファンダメンタルに支配されている
という事が分かっていて、あえて排除しているんです。

そこに大きな意味があります。

 

テクニカル分析を中心としたトレードをするのであれば、
テクニカル分析を追求して利益を上げて行きます。

ファンダメンタル分析を中心としたトレードをする
のであれば、ファンダメンタル分析を追求したらいいです。

 

どちらにも機能しない時間帯があります。

 

テクニカル分析は、正常な相場状態の時には、
もの凄く機能しますが、時々、不測の事態、パニック状態
になった時には、機能しなくなる指標もあります。

 

なぜならテクニカル指標がもともと“確率”の歪みを
優位性に変えるためのモノなので、普段起こらない事が
起きた時には機能しなくなる性質を持っているからです。

 

自分が使っているテクニカル指標はどんな時に
機能して、どんな時に機能しないのか?

 

それを理解していればいいんです。
そして機能しない時間帯はどうやって乗り切れば
いいのか?

マネジメントによって乗り切ればいいんです。

 

不測の事態が起きて、買っても買っても損切りになる
あるいは、売っても売っても損切りになる、という事で
あれば、いつもよりも資金サイズを半分にしてリスクを
減らします。

半分でも大きかったら、1/3にします。

それでもダメなら、1/10にします。

 

そうやって資金を減らしていったとしても
“続けなければいけません”

そうやって乗り切るんです。

 

いつも利益、相場が正常な状態でもパニックの状態で
あっても利益を出し続ける、という事は無理ではない
ですが、それはかなり高等技術だと認識して下さい。

 

1つのトレードルールでは無理です。

 

2つ、3つと組み合わせて一方が損失の時には、
一方が利益を上げているというようにお互いのルールが
リスクヘッジになるようなモノでなければいけません。

 

とにかくいつも利益を上げていたい!!

と無茶をすれば“必ず”反対の結果になります。
(相場は面白いくらい裏目が出てしまう世界です)

 

正常な相場の時も損失。

パニック相場になっても損失。

勝率も10%以下、利益/損失比も 1対10で
損失幅が圧倒的に大きい、なんて事になります。

 

現実の世界を見て下さい。
現実の世界で乗り越えていく方法を身につけて下さい。

 

テクニカル分析だけでも十分利益を上げて行くことは出来ます。

その代り必ず、テクニカル分析にはマネジメントが必要です。
(その点はファンダメンタルでも同じですが)

 

大切な事は深く理解する事です。
そして機能しない時間帯も、機能する時間帯も
継続し続ける事です。

そうすれば、必ず利益を上げる事は出来ます。


私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

クロス円通貨アップトレンドスタートか?

先日は、クロス円を中心に各通貨で急激な
上昇をみせました。

このまま上昇していくのか?

 

おはようございます
松下です。

 

先日、アメリカ時間から急激に上昇する展開がおき、
クロス円通貨全体で上昇を見せました。

 

ただドル/円に関してはそれほどの上昇でもなかった
という展開でした。

 

先日、静かな相場は方向感が決まれば、一方向に
動き出す可能性もあるので、注意が必要です。

という事をお伝えしましたが、まさに急に方向感が
決まってのアップという形になりました。

 

相場の中に、持ち合いなどの静かな展開、あるいは
多くの人にとって思い通りじゃない展開が続いている
時にはフラストレーションがたまります。


 

そしてフラストレーションがたまってくると、
自分の思惑通りの展開になった時や、相場に勢いが
ついた時などは、一斉に動き出す事もあります。

 

持ち合い相場が放れると、そのままトレンドを
形成しやすいのは、まさにそのフラストレーションが
エネルギーになっているからです。

 

じゃあ、今後の展開はアップトレンド確定か?

と言う事ですが、残念ながら、確定している
わけではありません。

 

そもそも相場の世界に、絶対にこうなるという
“確定”はありません。

 

時々、私は『アップトレンドが確定しました。』

という表現を使う事があるのですが、それは
アップトレンド確定したから買っていっていいよ~
という事ではありません。

 

私がトレードを行って行く上で、
“アップトレンドの定義”というモノを作っています。

 

そしてその定義している形が相場の中に現れたという事を
示しているだけで、誰にも分からない未来の相場に対して
“確定したから100%安全です”と言っているわけでは
ないんです。

 

今の相場は、アップトレンドがこの先も発生していく
可能性を少し濃くした、というレベルでまだまだ
確定しているわけではありません。

 

通貨によっては、今、陰線が出ているモノもありますが、
先日の上昇がダマシとなって、下がってくる可能性も
あります。

 

買っていく事が出来るか?

というと、それは、あくまでもルール次第ですが、
リスク管理が徹底出来ているのであれば、またサイズ、
損切り幅等ルールに基づいた管理が出来ているので
あれば可能です。

 

どちらにしろ買って行きたい人にとって、
今日同じだけ下げるといったような事にならなければ、
プラスの材料である事は間違いありません。

 

後は、どうトレードを組み立てていくか?です。

『まだあと少しくらいは上がるだろうから』といった
感覚でトレードをするには危険な相場です。

 

しっかりと、損切り、適切な資金サイズ、リスク管理、
利食いターゲット、売買サイン、通貨選定、環境認識を
したうえで、トレードを組み立てて行って下さい。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

相場に聞くしかない

為替相場は方向感を決めかねる値動きが展開され、
静かに1日、1日が過ぎています。
今後どういう展開が予想されるのか?
 
おはようございます
松下です。
 
さて、クロス円相場の先日、月曜日は静かに推移していき、
アップトレンドともダウントレンドとも取れない展開が
続いています。
 
相場参加者の多くが迷っている状態です。
 
この今の相場の展開の中で、どういう展開が
起きると思いますか?
上昇ですか?
下落ですか?
上昇だとしたら、それはどんな上昇ですか?
また、なぜ上昇ですか?
下落だとしたら、それはどんな下落ですか?
また、それはなぜですか?
 
なぜ、そうなると考えられるか。
トレードする場合は、ご自身なりの答えは
必ず持っておかなければいけません。

 
必ずそこには理由があるはずです。
 
10日移動平均線をローソク足が下から上に抜いたから、
というのも1つの理由になるかもしれません。
 
投資の教科書にはそう書いていますからね。
 
他には?
RSIの数値が、、、
安値と高値が、、、
そうやって1つ1つの材料を追加して行くことで、
判断の根拠を持たなければいけません。
 
そうやってトレードルールを作って行きます。
 
どの根拠がいいのか?
どの指標を組み合わせればいいのか?
良く質問されます。
 
でも、実はそれは本来は私にではなく、
“相場に聞く”のが正しいんです。
 
移動平均線と、ボリンジャーバンドと、、、RSI、、
ダウ理論と、、、これでどうだろう?
って相場に聞いてみます。
 
つまりは過去検証します。
 
そうすると、入口と出口が決まってきて、
勝率が大体いくらか?って言う事が決まってきて、
利益幅が決まってきて、損失幅が決まってきます。
 
そうやった時に、それがトレードとして成立する
モノなのか?それとも成立しないモノなのか?
 
数字に表れます。
 
そして判断していくしか本来的にはないんです。
 
もちろん私にトレードルールを見せてもらっても、
これまでの経験からある程度“利益が出そうかどうか?”
という事は、見えてきます。
 
それでも、それが本当に正しいかどうか?を
証明していくためには、相場に聞くしかないんです。
 
私も、相場に聞いています。いつも。
 
新しいアイデアを入手してはロジックを考えて、
それが相場で機能するか、相場検証をして優位性がどこにあるのか?
どうすれば、優位性を発揮する事が出来るのか?
調べます。
 
ご自身で、トレードルールを作って検証される方は
利益を上げます。
 
断言するのはちょっと、と思われるかもしれませんが、
これまでにたくさんの方のトレードを拝見させて頂いて
あきらかなのは、自分でトレードルールを考えながら
作っていき、相場の検証もしっかりとされている方は、
利益を上げられているんです。
 
これまで、FX投資セミナーをたくさん開催してきましたが、
その中で何人もの方が、休憩時間などの空いた時間に、
トレードルールを見て欲しい、といって来られましたが、
利益を上げられている方のほとんどは自分で検証しています。
 
自分のトレードルールは相場で利益が上がるモノなのか?
それとも、上がらないモノなのか?
上がらないとしたら、どこを変えれば上がるようになるのか?
ぜひ相場に聞いて下さい。



私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

今週の為替相場の注目ポイントは?

今週の為替の注目すべきポイントを1つ挙げて
ください、と言われればどこですか?
 
おはようございます
松下です。
 
さて、今週も為替相場は動き始めましたが、
今のところ様子見の展開で小さな値動きが展開
されています。
 
動く時は突然始まりますので、小さい値動きだから
といってぼーっとしていると一気に動き出す可能性も
ありますので、その点は注意が必要です。
 
もちろん、だからといって24時間、一分一秒相場の
前で値動きに注意して見続けるのは不可能な事ですので、
適度に“手を抜く?”事も投資のを“続ける”上では
重要な事となります。
 
その手を抜くための方法で、なお且つ為替相場の
値動きに右往左往しない一番の方法が“ポイントを見る”
という行為です。
 
線の動きで相場を見るのではなく、アップトレンドの
動きが決まるポイント、ダウントレンドになるポイント
が決まるポイント、アップトレンドの動きが強くなる
ポイント、ダウントレンドの動きが強くなるポイント
といったモノを、ポイント、ポイントで見て行けば
いいんです。

 
今週の為替相場の注目ポイントはどこか?
と言われれば、陽線が続いた後にどこに高値がつくか?
と言う事と、次にどこに安値が来るか?
という事になります。
 
クロス円で言えば、2月4日前後につけた安値の
ポイントより高い位置に安値が来るか、低い位置に
安値がくるか?という事は大きなポイントです。
 
“どうすれば儲かるか?”
“何を買えば儲かるか?”
ではなく、
どこでアップトレンドが強くなっていって、
買いで入る事が出来るか?
どこで下落トレンドが続行されている、と言う事が
判断出来て、売りで入る事が出来るか?
といった判断の仕方、行動の仕方になります。
そのために相場をポイント、ポイントで見ていく事は
大切になってきます。
 
多くの人は何を買えば儲かるか?どこで買えば儲かるか?
という事を考えているので、ぐ~んと値が動けば、
焦って乗ろうします。
 
結果として、急激な“戻し”や“ダマシ”に
あって損失を出してしまったりします。
 
線の動きに惑わされるのではなく、ポイント、
ポイントの動きをしっかりと押さえて、その上で
行動を決めていきましょう。
 
相場環境を認識する→売買サインで買っていく
→損切りの出口、利食いの出口を用意する
というのがトレードです。
 
ぜひ、今週の相場も“手を抜きながら”集中して行きましょう。
(矛盾しているように聞こえますが)


私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします

今週が一番の注目

先週は後半から急上昇が起きました。
先週の上昇が、ダマシ(下落トレンドの調整)か?
上昇トレンドの開始なのか?
今週の値動きに掛っています。
 
おはようございます
松下です。
 
さて、明日の月曜日からの相場展開には要注意です。
 
私たちFX投資家にとって明日、月曜日からの値動きは
もっとも注目すべき週となりそうです。
 
その理由は、先週、下落の流れから太い陽線が
出現してきているからです。
 
ボラティリティ(変動幅)の大きい相場展開が続いているので、
リスク管理が難しくトレードをするにはしんどい状況に感じている
かと思いますが、トレードは“続けて行かなければ”利益を上げる
事は出来ません。
 
今のような相場ではサイズを小さくするなどして、リスクを
しっかりとコントロールして続けられる状態を、ご自身で
キープする事が大切です。
 
相場の環境認識としては、、、先週のアップがダマシなのか?
それとも上昇トレンドへの転換なのか?
そこに注目して行かなければいけません。

 
今の時点ではもちろん、どちらかが確定している
わけでもありませんし、市場参加者の感情、心理状態に
よってどちらでも転換しうる可能性があります。
 
そういう意味で、明日からの値動きには日々、
注意を払っていかなければいけません。
 
まず高値はどの値位置につけるのか?
次に現れる下落の流れはどのようなモノか?
安値はどの値位置に来るか?
 
1つ1つ確認していきましょう。
市場参加者が作っていく値動きのポイントに注意を
払って、ご自身の行動を決めていきましょう。
 
大切な事は何よりも、資金管理を優先させる事です。
 
買いサインが出た時に、損切りまでのポイントが自分の
許容できる範囲を超えていた場合は、買いたいという衝動を
抑えなければ行けないと言う事です。
 
まだまだ相場はどちらにも動く可能性はあります。
 
少しトレードに慣れてくると、今の相場にあるような、
太い陽線を見ると“相場が転換した!”と決め込んでしまって、
リスクが許容範囲を超えていても、ボラティリティが大きく
難しい相場でも入っていこうとしてしまいます。
 
そして、今の値動きがダマシ(ただの下落トレンドの調整)
だった場合に大きな損失、自分が許容できる以上の損失を
抱えてしまいます。
 
あくまでも今の相場は、リスクを許容できる範囲にポジションを
抑えられる人であれば、、、トレンド転換を想定して買いで
入って行くことが出来るんです。
 
“リスクを許容できる範囲にコントロールする事が出来る”
 
これが大前提です。
もっとも大切な部分です。
 
その点をしっかりと理解して今週の相場に臨みましょう


私と一緒にFXの勉強をはじめませんか?
動画でわかりやすく解説しています。
FX無料動画講座





この記事は、すべての個人投資家が、投資家に必要なテクニック、マネジメント、
投資マインドを身につけるための情報を配信する無料メールマガジン「松下誠のゆったり投資道
によって提供されています。
無料メールマガジンの購読は、http://www.123profit.jp/contents/まで


人気blogランキング
ランキング応援お願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。